写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Intelは1月26日(現地時間)、2016年度第4四半期(2016年10月〜12月)決算を発表した。データセンターやInternet of Things(IoT)の好調な伸びに加えて、12月のPC販売が予測以上だったことから過去最高の売上高を記録、売上高・利益ともにアナリストの予想平均を上回った。

12月期の売上高は164億ドル(前年同期比10%増)だった。GAAPベースの純利益は36億ドル(同1%減)、1株あたりの利益は0.73ドルだった。減益は、昨年4月に発表したリストラ計画の費用などが利益を圧迫したため。非GAAPの純利益は39億ドル(同4%増)、1株利益0.79ドルだった。以下は事業グループ別の売上高。

・クライアントコンピューティンググループ:売上高91億ドル(前年同期比4%増)。プラットフォームの出荷数が7%減だったが、平均販売価格が7%増だった。内訳は、デスクトッププラットフォームが出荷数9%減で平均販売価格が2%増、ノートブックプラットフォームが出荷数横ばいで、平均販売価格3%増。
・データセンターグループ:売上高47億ドル(前年同期比8%増)。プラットフォームの出荷数が3%増、平均販売価格が4%増だった。
・Internet of Thingsグループ:売上高7億2600万ドル(前年同期比16%増)。
・不揮発性メモリーソリューションズグループ:売上高8億1600万ドル(前年同期比25%増)。
・Intelセキュリティグループ:売上高5億5000万ドル(前年同期比7%増)。
・プログラマブルソリューションズグループ:売上高4億2000万ドル。

2017年度第1四半期(2017年1月〜3月)については、売上高148億ドル(±5億ドル)、粗利益率を62%(±2%)と予測している。

(Yoichi Yamashita)