『暗黒女子』 ©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

写真拡大

映画『暗黒女子』の新た場面写真が公開された。

【もっと画像を見る(7枚)】

場面写真では、飯豊まりえ演じる学園のカリスマ・白石いつみと清水富美加を演じる親友の澄川小百合が不敵な笑みを浮かべている様子や、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈が演じる文学サークルの部員たちが怯えた表情を見せているシーン、部員の中心で笑顔を浮かべるいつみの様子、千葉雄大演じる顧問教師・北条の姿などが確認できる。

あわせて1月28日から販売される同作の特典付き鑑賞券の詳細が発表。特典として映画の脚本を手掛けた岡田麿里の監修による「暗黒ちゃん&闇セリフステッカー」が付属する。

4月1日から全国で公開される『暗黒女子』は、「読んで嫌な気持ちになるミステリー」を意味する「イヤミス」の1つに数えられる秋吉理香子の同名小説が原作。全校生徒の憧れの的だったいつみが校舎の屋上から落ちて死んだことをきっかけに、いつみが主宰していた文学サークル内で彼女の死をテーマにした朗読会が開かれ、犯人を告発する5つの物語が発表される、というストーリーだ。