【欲しい】切手がでっかくなっちゃった!? 切手をクッションにするとめちゃんこカワイイことが判明

写真拡大

以前、Pouchでは、ネットでガシャポンを回せる「ネットdeカプセル」についての話題をお伝えしました。ガシャポンができるんだからクレーンゲームだってできるでしょ!と、いうワケで、「ネットキャッチャー」というサービスが提供されているもよう。

クレーンゲームを遠隔操作でできるなんて、すごい時代なぁ〜。

それはさておき、この「ネットキャッチャー」の景品として、文房具好きならときめくこと必至のアイテムが新登場。普通切手なのに激カワな「エゾユキウサギ」の2円切手と、ふみの日の50円切手のデザインだよッ!!!

【あの2円切手がクッションに】

このほど、「ネットキャッチャー」の景品に「切手クッション」2種類が仲間入り。まず、うさぎver.は、2014年から発行されている「エゾユキウサギ」の2円切手を忠実に再現したもの。

ラベンダー色を背景に、ちょこんとお座りしているみたいな白いウサギさん、モフモフなんですけど! 記念切手でもなんでもないのに、このかわいらしさは何なんだろう……と見るたびに思うあの普通切手がクッションになるなんて!!!

そしてもう1つは、2013年に発行された「ふみの日にちなむ郵便切手50円」がモチーフになっています。こちらは、ポストと青空のコントラストが美しい!

【裏面には消印をプリント】

どちらも全長約40cmという大き目サイズで、裏面にはそれぞれの発行日にちなんだ消印がプリントされています。

ちなみに、日本郵便から使用許諾を得た「ネットキャッチャー」の景品は、この「切手クッション」が初めてなのだそうです。もう50円切手は販売してないぶん、ポストver.がレア感あるけれど、やっぱうさぎver.が欲しいわぁ〜!

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る