写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2月4日公開の映画『君と100回目の恋』の女子高生限定試写会イベントが26日、東京・新宿のTOHOシネマズ新宿で行われ、ダブル主演のmiwaと坂口健太郎が出席した。

シンガーソングライターのmiwaと、映画『ヒロイン失格』やNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』など話題作への出演が続いている坂口健太郎のダブル主演となった本作。miwaが現実世界さながらの歌姫・葵海を演じ、葵海と一途な男子・陸のピュアな恋愛を描く。

この日は女子高生限定の試写会が行われ、舞台あいさつにmiwaと坂口が登場するや女子高生から熱狂的な声援が巻き起こった。映画についてmiwaは「映画2本目が主演ということでプレッシャーもありましたが、映画の曲も書かせてもらい、役の葵海として曲作りをしました。その中で葵海ってどんな人なのか、坂口くん演じる陸くんのことをどう思っている女の子なのか考えながら曲を作ったので、曲作りが役作りとなってどんどん葵海になっていったと思います」とシンガーソングライターらしいアプローチで役に挑んだという。 岡山で撮影されたロケは「学生時代は映画みたいにバンドを組むことがなかったので、坂口くんたちとバンドを組んで本物のバンドっぽくて楽しかったです」と満足げで、相手役となる坂口は「僕はギターも初めてで、陸くんはギターが上手い男の子だから慣れない楽器をお借りして練習は大変でした。でもクランクアップしてギターから意識が離れると思ったら、今でも触っていて新しい趣味が見つかってうれしいです」と笑顔を見せた。

舞台あいさつ後半には女子高生たちの恋の悩みを2人が答える「恋の悩み相談」を実施。「好きな人が出来ると嫉妬深くなるが、心の余裕を持つためには?」という質問にmiwaが「自信が失くなっちゃう感じとか分かる! 本当に私のこと好きかな? と確かめたくなっちゃうもんね」と女子高生に理解を示し、坂口は「僕は割と好きかもしれないですね。そういう風に言われるのって好きの裏返し。嫉妬するほど愛情を持てる相手を見つけたってことだから、すごく幸せな悩みかもしれないですよ」と答えると会場から溢れんばかりの声援が。バシっと決めた坂口をmiwaは「すごい! 坂口くん今年1番良いこと言ったかも!」と褒めちぎっていた。映画『君と100回目の恋』は、2月4日より全国公開。