25日、中国主導の投資銀行に新たに25カ国が加盟することが分かった。今年の参加予定国には含まれていないが、トランプ大統領率いる米国が加盟する可能性もあるという。

写真拡大

2017年1月25日、環球時報によると、中国主導の投資銀行に新たに25カ国が加盟することが分かった。

24日付英紙フィナンシャル・タイムズは、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群(ジン・リーチュン)総裁の取材記事を掲載。昨年の創設メンバーに加え、今年は新たにカナダ、アイルランド、スーダン、エチオピアなど25カ国が加盟する見通しだと報じた。

今年の参加予定国には含まれていないが、トランプ大統領率いる米国が加盟する可能性もあるという。金総裁は昨秋、トランプ大統領の政権移行チームがオバマ大統領(当時)のAIIB不参加の決定を批判していたことを明かし、新政権で米国に変化が生じる可能性を指摘していた。(翻訳・編集/増田聡太郎)