ジュビロ磐田のMF松井大輔(写真は2016シーズンのもの)【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

俊輔加入で松井は“使われる側”にも

 中村俊輔の加入で注目を集めるジュビロ磐田。実績のある選手が加わり、チーム内の競争は激しくなりそうだ。そんななか、2人のMFが今季の巻き返しを誓っている。新10番と同じく経験豊富な松井大輔、2016年はスーパーサブとして存在感を示した松浦拓弥、この両者には昨季以上の働きが期待される。(取材・文:青木務)

----------

 ジュビロ磐田には、復活が期待される選手が何人かいる。今シーズン始動以降、名波浩監督は『競争』という言葉をよく口にするようになった。ポジション争いは、これまでよりも激しくなることが予想される。

“復活”という表現は正しくないかもしれないが、昨シーズン以上にチームに貢献すべき者たちがいる。彼らはスタメン争いに絡むのはもちろん、磐田を勝利へ導く働きが求められる。

 松井大輔は、新年1月1日からグアムで自主トレを行った。今年は酉年で、年男だ。「飛躍の1年にしたい」と意気込みを見せる。

 出場機会の少ないメンバーが中心のナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)や天皇杯では、若手主体のチームをけん引し、違いを見せもした。しかし、本来であればリーグ戦のピッチに立っていなければならない選手だ。

 自ら仕掛けることができ、意外性のあるパスで相手の裏をかくこともできる。そうした能力は貴重であるが、100%の力を出し切れたかと言えば答えはノーだろう。むろん、名波監督は松井を重要な戦力とみなしており、トップフォームを維持できれば自ずと出場機会は増える。昨シーズンとは違った松井大輔を見せなければならない。

 もっとも、その期待感は大きい。磐田ではどちらかと言えば“使う側”だった松井だが、中村俊輔の加入によって“使われる側”に回ることもできる。キャリアを重ねる中でプレースタイルが変化した感もあるが、元々は単独で相手を翻弄しゴールへ迫ることのできる選手だ。日本代表で共に戦っていた頃のようなコンビネーションを新加入のレフティーと見せられれば、松井にとってもチームにとってもプラスに働くだろう。

「さらに前に行ってみたい、それが密かな野望」(松浦拓弥)

「今年はゴールに近づきたい。いつもアシストの一個前のイメージだから。それはそれで継続しつつ、パスを出した後にゴール前に入っていけるよう意識していきたい。そうすればボールが返ってくることもあるだろうし、こぼれ球も転がってくると思う。さらに前に行ってみたいかな、というのが密かな野望」

 松浦拓弥はそう言ってどこか照れくさそうに笑った。「自分の武器を磨くこともそうだし、わかりやすくゴールやアシストを増やす」と決意を見せる。チーム内のポジション争いを勝ち抜くことを第一の目標として掲げ、自身のストロングポイントに新たな色を加えるつもりだ。

 昨シーズンはリーグ戦26試合に出場したものの、スタメンは2回にとどまった。この数字からわかるのは、松浦がスーパーサブとして重宝されているということだ。どんな時間帯に出場してもチームを躍動させられるため、指揮官としてもベンチに置いておきたい気持ちがあった。実力的にはスタートから出場してもおかしくなかったが、試合の流れを変化させることのできる能力は、磐田にとって貴重なスパイスだった。

松浦のプレーに好印象を抱いた中村俊輔

 フルコートで11対11を行った18日の練習が終わると、中村俊輔は名波監督のもとに歩み寄り、話しかけた。具体的な内容は明かされなかったが、指揮官曰く、松浦への好印象を伝えられたという。

 生え抜きアタッカーも横浜F・マリノスからやって来た天才との邂逅を喜ぶ。

「視野が広いし、パスを出しやすい位置にサポートしてもらえる。やっぱり常に見ているから、俊さんがボールを持った瞬間に全体が動き出すイメージがあるよね。俊さんもいつでも出せる位置にボールを置いているし。見てもらっているという感覚があるから、動き出しやすい」

 始動直後からクールダウンで一緒にランニングする姿が見られるなど、新10番と背番号11はすでに意思の疎通を図っている。

「『こういうプレーもあるんだな』とか色々な発見があるし、これからもっと近くで見ていきたい。ダイさん(松井)もそうだけど、そういう人たちと一緒にやれるというのはすごくいいこと」

 中村俊輔だけでなく、磐田では上田康太や川辺駿も決定的なパスを出せる。元々、味方との呼吸を合わせるのが上手い松浦が、今シーズンは目に見える結果を残そうとしている。

「やっぱりシンプルに相手の背後を取ってキーパーと一対一になることがベストだから。そういうのをより増やしていきたい」

 サックスブルーの切り札は、今まで以上に結果に餓えている。

昨シーズン全試合スタメンの両翼も健在

 磐田のサイドアタッカーといえば、アダイウトンと太田吉彰がいる。昨シーズン、彼らは共にリーグ戦全試合スタメン出場しており、チームに欠かせない存在だ。

 彼らの貢献度の高さに疑問を挟む余地はない。太田は衰えぬ走力で磐田の右を支えており、守備に戻ったかと思えば次の瞬間には高い位置まで駆け上がり、味方のパスコースを創出。精度の高いクロスが武器で、昨シーズンは元イングランド代表のジェイとホットラインを築いた。

 アダイウトンにしても、そのダイナミックな突破で相手の守備を“破壊”できる。その威力がJ1に知れ渡ると、彼には複数のマークがつくようになった。細かいミスが目立つこともあるが、いい意味で予測が難しいプレーで相手を撹乱。J1初挑戦で6得点とまずまずの結果を残している。

 今シーズンも4-2-3-1で臨むとして、チームへの貢献度、相手に与える脅威などを考えれば、磐田の両翼は太田とアダイウトンがスタメン候補の筆頭だ。

 では、松浦や松井にチャンスがないかと言えば、そんなこともないだろう。タッチライン際を何度も疾走するようなタイプではないが、うまく味方と呼吸を合わせながら、相手守備網の隙を縫っていくことができる。太田、アダイウトンとは異なる持ち味がフルに発揮されれば、磐田のサッカーの幅も広がるはずだ。

 昨シーズン以上の成績を残すためにも、松浦と松井にもさらなる奮起が求められる。そうなれば競走も激しさを増し、面白くなりそうなのだが。

(取材・文:青木務)

text by 青木務