写真提供:マイナビニュース

写真拡大

佐賀県は3月6日より、情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環として、フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」とのコラボレーション企画「サーガ!!! on ICE」を、東京と佐賀にて期間限定で実施する。

「ユーリ!!! on ICE」は、2016年10月から2016年12月にかけて放送されたフィギュアスケートアニメ。主人公の勝生勇利の出身地である九州・長谷津町という架空の町は、佐賀県唐津市がモデルとなっており、作品中のいたるところに佐賀県の風景や名産品が登場していることから同企画が実現した。

東京では3月6日〜12日の1週間限定で、都心の屋内スケートリンクである明治神宮外苑アイススケート場にて、「ユーリ!!! on ICE」内に登場するスケートリンク「アイスキャッスルはせつ」をイメージした空間を設定。更に週末には、佐賀ならではのおもてなし企画を予定している。なお、同企画に関して会場への問い合わせは控えるように呼びかけている。

佐賀県では3月6日〜5月7日の2カ月限定で、主人公・勝生 勇利の出身地である九州・長谷津町のモデルとなった佐賀県唐津市にて、地元名産品とコラボレーションしたフードメニューやオリジナルグッズを販売する。「ユーリ!!! on ICE」の世界観と佐賀県の魅力を同時に体感できるという。

今後、詳細については「サーガ!!! on ICE」公式Twtterアカウントにて随時情報を発信していく。

(c)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE製作委員会