<ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇26日◇トリーパインズGC(サウスコース7,698ヤード、ノースコース7,258ヤード・共にパー72)>
スコアカードに刻まれた数字は“76”。決して満足のいくものではないが、1年5か月ぶりの復帰ラウンドを終えたタイガー・ウッズ(米国)は満面の笑みを浮かべてホールアウトした。初日は3バーディ・5ボギー・1ダブルボギーで4オーバー133位タイと出遅れた。
タイガー・ウッズが帰ってきた!熱狂のフォトギャラリー
手術からの本格復帰の朝はすべての視線がウッズに注がれていた。立ち上がりの1番はウッズ“らしい”ともいえるティショットを右に曲げるミス。そこからグリーンをとらえられず、ボギーとした。前半はスコアカード通りの数字を並べ復帰後初バーディは後半10番。左のラフからのセカンドをピン2メートルにつけると、これを沈めて大歓声を引き出した。
続く11番もバーディとして、一時は1アンダー。しかし、12番からはショットが乱れて3連続ボギーを喫しスコアを落とすと、14番はティショットを左に大きく曲げてダブルボギーを叩きあっという間に下位に沈んだ。
それでも、17番もボギーとして迎えた最終18番。3打目を3メートルにつけてバーディフィニッシュ。同じくバーディで締めくくった同組のジェイソン・デイ(オーストラリア)、ダスティン・ジョンソン(米国)と共に喜びを分かち合った。
この日フェアウェイをキープしたのは14ホール中4ホール。パーオン成功は18ホール中9ホール。パット数は“30”を数え、やはりまだ本来のパフォーマンスではなかった。だが、多くの視線を独り占めしてフェアウェイを歩く姿は何も変わらない。過去8勝を誇るトリーパインズの主は確かにそこにいた。
【初日の順位】
1位:ジャスティン・ローズ(-7)
2位:アダム・ハドウィン(-6)
3位T:ゲーリー・ウッドランド(-5)
3位T:ブラッド・フリッチ(-5)
3位T:チャールズ・ハウエルIII(-5)
3位T:トレイ・ムリナックス(-5)
3位T:ボウ・ホスラー(-5)
47位T:松山英樹(-1)
47位T:フィル・ミケルソン(-1)
96位T:ジェイソン・デイ(+1)
117位T:石川遼(+2)
133位T:タイガー・ウッズ(+4)
<ゴルフ情報ALBA.Net>