「トレインスポッティング」さらなる続編視野

写真拡大

ダニー・ボイル監督は、すでに「トレインスポッティング」第3弾の製作を視野に入れているようだ。

4月8日より日本公開予定の「T2 トレインスポッティング」は、アーヴィン・ウェルシュの小説をもとに、スコットランドのエディンバラに暮らすヘロイン中毒の友人グループに焦点を当てた1996年公開のオリジナル作品から、20年後を舞台にした作品になっている。

フランシス・“フランコ”・ベグビー役を演じたロバート・カーライルが第3弾への興味を示した発言を受けて、ボイル監督は自身も同じ出演陣で第3弾を製作したいと思っている旨を明らかにした。

BBCラジオ2のクリス・エヴァンスが司会を務める「ブレックファスト・ショー」に出演したロバートが、一緒に出演していたボイル監督に、また同じキャラクターたちを集結させることを考えているかどうか尋ねると、ボイル監督は「また同じキャラクターたちを集めたいね。最初のアイデアは(1960年第に放映されていた英ドラマ)『ザ・ライクリー・ラッズ』みたいな感じだったんだ。このテレビ番組は放映から7年後に『ホワットエバー・ハプンド・トゥ・ザ・ライクリー・ラッズ』として制作されて、リバティーンズの名曲(『ホワット・ビケイム・オブ・ザ・ライクリー』)を生み出す作品になったからね。そういうキャラクターの感覚が僕達にもあるのさ。もう1度戻っていくと、これからも変わらず僕たちのものだという気分になるのさ」と答えた。

これに対し司会を務めていたクリスは「第3弾も作るってことだよね」とコメントしている。

昨年にはロバートが演じるベグビーを主人公にしたウェルシュの小説「ザ・ブレイド・アーティスト」が発刊されており、ロバートはこの小説を基にした第3弾のアイデアをすでに持っているのだという。「去年の春頃に別の小説が発刊されたんだ。ベグビーが人生を生き抜いていく姿に焦点を当てた『ザ・ブレイド・アーティスト』っていう本なんだ」。

その話を聞いたクリスが「じゃあ、より第3弾製作の可能性は高いってことだよね」と尋ねるとロバートは「そうだと思うけどな」と答えていた。