写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TSUKUMOブランドでPCおよびPC周辺機器を販売する、ヤマダ電機グループのProject Whiteは27日、同社ゲーミングPCブランド「G-GEAR」の「HTC Vive」推奨PCで、CPUに"Kaby Lake"こと第7世代Intel Coreプロセッサを搭載した新モデルを発売した。価格は税別99,800円から。

「HTC Vive」推奨PCは、定められた動作基準を満たしたPCで、スペックが異なる「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」の3モデルをそろえる。このうち「ブロンズ」と「ゴールド」はNVIDIAの「GeForce GTX VR Ready」、「シルバー」はAMDの「Radeon VR Ready Premium」の要件を満たしている。

「ブロンズ」モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i5-7500(3.4GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがDDR4 8GB PC4-17000、ストレージが240GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、OSがWindows 10 Home 64bit。本構成の価格は税別99,800円から。

「シルバー」モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700(3.6GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがDDR4 8GB PC4-17000、ストレージが240GB SSD、グラフィックスがAMD Radeon RX 480 8GB、OSがWindows 10 Home 64bit。本構成の価格は税別119,800円から。

「ゴールド」モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700(3.6GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがDDR4 16GB PC4-17000、ストレージが480GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1070 8GB、OSがWindows 10 Home 64bit。本構成の価格は税別149,800円から。