写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●デザインを手がけたのは、あのフィリップ・スタルク
美貴本は、フランスWistiki(ウィスティキ)社が開発したスマートアクセサリー「Wistiki by Starck "ヴォワラ!"」を2月1日より販売開始する。スマートフォンと連動させることで、つないだものを見つけやすくすることができる。

○デザインにこだわったメイドインフランスのIoT

「Wistiki by Starck」(以下Wistiki)は、仏Wistiki社が開発したスマートタグの一種だ。2013年にフランスでクラウドファンディングにより資金を調達し、2014年からフランス国内で販売を開始。市場の約9割という巨大なシェアを占めている。2016年からはアメリカで販売を開始しており、すでに総計20万台を販売。日本でもクラウドファンディングの「モーションギャラリー」で4,000万円を調達しての登場となる。

WistikiをスマートフォンとBluetooth 4.0 LEで接続することで、設定した距離範囲から離れたり、スマートフォン側から操作したときにタグ側から音を発することができる。また、逆にタグ側を操作することでスマートフォンから音を鳴らすことも可能だ。カギなど失くしやすいものにつけておくことで、見つけにくいものを探したり、置き忘れを防止することができる。

タグには今回発売される直方体の「voila!(ヴォワラ!)」のほか、メダル状の「aha!(アッハ!)」(発売は3月24日予定)、カード状の「hopla!(ホープラ!)」(発売日未定)の3種類がある。いずれもデザインはフランスが誇る世界的クリエイターのフィリップ・スタルク氏によるもので、本体は香水のボトルをイメージしたデザインとなっている。価格は「ヴォワラ!」、「アッハ!」ともに5,980円(税別)。

WIstikiにはスマートフォン用アプリ(iOS 8/Android 4.2.2以上に対応)を使ってリンクする。1台のスマートフォンに最大10台までのWistikiを登録できるほか、1つのWistikiを複数のユーザー間で共有することもできる。家のカギなど家族で探したいものは共有に、定期などプライベートなものは非共有に、と使い分けることもできる。

電波が届く範囲内にない場合でも、スマートフォンとWistikiの間では定期的に通信が行われており、最後にリンクが確認できた場所の位置情報をマップ上で確認できる。さらにユニークなのは、Wistikiアプリをインストールしている別人のスマートフォンが近くを通った場合、匿名のWistikiデバイスとしてその位置情報がクラウドにアップロードできる点。つまり、WistikiユーザーはそれぞれがWistikiネットワーク全体のアンテナを兼ねており、これでWistikiユーザー全体の発見率を高めているわけだ。

Wistiki本体は電池(CR2032)で動作するが、電池は交換不可能な作りになっており、基本的には電池寿命(およそ2年)での使い捨てとなる。販売元の美貴本によれば、電池交換については今後検討したいということだった。電池交換ができないかわりに完全防水を実現しており、ペットなどに付けておいても丸ごと洗うことができる。

昨今、フランス発のIoT製品が非常に活発だ。個人向けドローンの嚆矢であるParrot社を始め、スマートヘルスケアデバイスのWithingsやホームセンサーデバイスのNetatmoなど、世界的に名を知られるメーカーが続々と登場している。実はフランスでは数年前から国策としてITスタートアップを支援する体制ができあがっており、若い才能を国や経済界が強くバックアップしている。フランスならではのセンスやデザインのIoT製品を中国で製造するという流れも確立しているのだが、Wistikiはメイドインフランスを強く前面に押し出しており、フランスを代表するデザイナーであるスタルク氏の採用だけでなく、製造もすべてフランス国内で行なっている。素材にはラグジュアリーブランドで使われているメーカーを採用するなど、単なるスマートタグではなく「スマートアクセサリー」と称するにふさわしい、細部にわたってこだわりが感じられる仕上がりとなっている。

●早速実機をテスト、その実力は……
○設定もシンプルで簡単

今回、市販より一足先に「ヴォワラ!」の実機を入手することができたので、早速使い勝手をレビューしよう。ヴォワラ!はUSBメモリ様の形状をしたデバイスで、キーホルダーなどの用途が想定されているという。実際、5mm角程度の穴が空いているのだが、ここに通すキーリングなどが付属していないので、カギをつけるなら自分でキーリングやストラップなどを調達する必要がある。

セッティングはApp Store、またはGoogle Play Storeから「Wistiki」アプリをダウンロードして行う。今回はiPhoneアプリでのセッティングを紹介するが、基本的な流れはAndroidでも同様だ。

設定が完了したら、スマートフォン側のアプリを起動して鳴らしたいWistikiを選び、ボタンをタップすると独特なメロディがWistiki側から再生される。続いて、逆にWistiki側のボタンを長押しすると、スマートフォンがスリープ中であってもスマートフォン側からメロディが再生される。Wistiki→スマートフォンはたまにうまく行かないこともあったが、何度か繰り返していれば鳴動した。

今回は(まだ発売前で日本にほとんど所有者がいないこともあって)ほかのユーザーからWistikiを探す機能を試せなかったのだが、これはきちんと機能すれば大変便利な機能だろう。個人的にはこうした機能は業界で共通プロトコルとして確立させ、スマートフォン本体も含めてみんなで探しやすい世の中になれば、と思う。

我が家は非常にものが散乱しており、住人は全員ズボラなので、しばしばものが見つからなくなる。特に家の鍵や自動車のカギ、またiPhoneはしばしばどこかに紛れて隠れてしまう。これまでiPhoneは「iPhoneを探す」機能で探せていたが、カギ類はそうも行かずに困っていた。しかしWistikiがあれば、探し物で出発前にやきもきする必要もなくなる。

同様のスマートタグ製品で比較すると、現在最も人気が高いと思われる「Qrio Smart Tag」が3,980円、その他の製品もAmazonで1,000〜2,000円台半ばくらいで購入できる。Wistikiは基本的な機能はQrioとほぼ同等なので、後発にも関わらず2,000円も高価なWistikiは厳しいように見える。ただし電池交換できない代わりに完全防水であることは、扱いに気を使わずに済むという点で有利だ。電池寿命についても2年間というのは、半年〜1年の製品が多い中、頭一つ抜けた感がある。デザインについては好みがあるが、巨匠・スタルクのデザインに惹かれる人は多いのではないだろうか。設定用アプリもデザインに優れており、誰でも簡単に使い方がわかりやすいという点で高く評価できる。概ね価格差を正当化できるほどの魅力があると言っていいだろう。

個人的には数台をまとめて運用したいので、3〜5台で割安になるセット販売も検討してもらいたいところだ。また、非常に細かいことではあるが、ヴォワラ!では透明部分と銀色の部分の間に微妙な段差を感じる。ここがiPhoneなどのように面一な状態になっていれば、さらに高いクオリティを感じることができるだろう。そこまでの高い精度を求めるような値段の製品ではないかもしれないが、頑張って実現してほしい。

(海老原昭)