写真提供:マイナビニュース

写真拡大

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のグループ会社であるシーティーシー・エスピー(CTCSP)は1月26日、汎用PCをカスタマイズしてシンクライアント化して販売するサービス「Smart Secure Client」を開始すると発表した。

「Smart Secure Client」は、セキュリティ・ポリシーと業務に合わせて汎用PCのカスタマイズと設定を一括して行う法人向けサービスで、端末上にはデータを残さないシンクライアント仕様にカスタマイズすることで、盗難や紛失時の情報漏洩を防止する。

また、起動時に操作可能なアプリケーションを表示する画面を設け、特定業務用途向け端末として利用するなどの使い方も可能。

端末は用途に応じて、HPのノートPCとデスクトップPC、Microsoft Surface、東芝のノートPC、NextermのノートPCとデスクトップPCから選択できる。

シンクライアント環境で必要とされるリモートアクセス装置や認証サーバなどの関連セキュリティ製品、ワークスタイルに利便性をもたらすクラウドサービスなど、ニーズに対応したサービスもあわせて提供するとしている。

製品価格は1台あたりデスクトップ型で5万円から、ノートブック型で10万円からを予定している。

(辻)