神戸への移籍が報じられるルーカス・ポドルスキ【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

ポドルスキは神戸を優勝候補に押し上げる助けになるが…

 ヴィッセル神戸は、ドイツ代表のルーカス・ポドルスキの獲得が頻繁に報じられている。もし加入が決まれば、セレッソ大阪にディエゴ・フォルラン以来の大物外国人選手となる。しかし、彼らは決してクラブを栄光に導く魔法の杖ではない。ポドルスキを「第2のフォルラン」にしないために、神戸は過去から学ばなければならない。(文:ショーン・キャロル)

------------

 DAZNによる資金投入が日本のファンの期待を高めたとはいえ、このオフシーズンの移籍市場での動きは、大半が典型的なJリーグらしいものでしかなかった。いつも通りの日本人選手の移動と、何人かの見慣れたブラジル人たちが新天地へ移っただけだ。

 中村俊輔が横浜F・マリノスとのほろ苦い別れを経てジュビロ磐田へ移籍したことと、大久保嘉人が川崎フロンターレから多摩川を渡ってFC東京へ移ると決めたことがこれまで特筆すべき2件の動きであり、最大の注目を集めることになった。工藤壮人のサンフレッチェ広島加入、家長昭博のフロンターレへの移籍、大宮アルディージャが清水エスパルスから大前元紀を獲得したことなども興味深い動きではある。

 一方でブラジル人選手はこれまで以上によく動いている。ウイルソンとハモン・ロペスはベガルタ仙台を離れてそれぞれヴァンフォーレ甲府と柏レイソルへ移り、浦和レッズは以前のお気に入りだったアルビレックス新潟ブランドに回帰してラファエル・シルバを獲得。鹿島アントラーズも同じく新潟からレオ・シルバという有力選手を引き抜いた。

 昨季王者はヴィッセル神戸からもブラジル人選手を手に入れている。ペドロ・ジュニオールは大宮、新潟、ガンバ大阪、FC東京、神戸に続いてJリーグで6つ目のクラブに在籍することになる。

 だが、そのP・ジュニオールの代役としてヴィッセルにやって来ると噂される選手こそが最大の注目を集めている補強だ。元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキが、永遠の“眠れる巨人”であった兵庫のクラブに加入すると盛んに報じられている。

 楽天をバックに付けたクラブはこれまで、巨額の予算とトップレベルの設備の生み出すポテンシャルを発揮しきれていなかった。だがドイツ代表で129試合に出場し48ゴールを記録した2014年ワールドカップ王者を獲得すれば、神戸を2017年の本格的な優勝候補に押し上げる助けとなるかもしれない。

フォルランに見る先例。過度にかけられた重圧

 2014年にディエゴ・フォルランがセレッソ大阪に加入した際と同様に、31歳のポドルスキにもJリーグですぐに結果を出さねばならないという重圧がかかる。だが不運な結果に終わったフォルランの日本滞在は、選手を適切に迎え入れ、適切に起用することこそが肝心であることも示している。

 当時期待されていたのは、ウルグアイのスター選手がセレッソをすぐにでもJ1のタイトル獲得へ導くことだった。

 だが、チームメートらもフォルランが一人で試合を決められると考えてしまった様子で気の緩みを見せてしまい、フォルランが守備面でチームに貢献できないからという理由で先発から外した大熊裕司監督の奇妙な決断も相まって、クラブは衝撃的な2部降格という結果に終わった。

 元マンチェスター・ユナイテッド、インテルのストライカーは氷漬けにされてしまい、セレッソが落とし穴へと滑り落ちていく中で、シーズン最後の12試合には一度も先発起用されなかった。それでも彼はチーム最多の7得点でシーズンを終えている。そのままJ2でプレーして契約満了を迎え、2015年夏に去っていったが、この年も16試合出場でチーム最多の10ゴールを記録していた。

 だがその例では、結局うまくいかなかったという理由だけで、同様の補強を試みるべきではないと言えるわけではない。ポドルスキに関して言えば、初期段階で感じられる兆候はポジティブなものだ。

大物外国人選手は“魔法の杖”ではない

 神戸は彼に対し、特別扱いはしないという姿勢を明確に示しているように見える。例えば、ポドルスキがプレシーズンキャンプにおいて他の選手と相部屋で過ごさなければならないというニュースも先週伝えられていた。ネルシーニョ監督は賢明な老将であり、新加入選手からいかにして最大限の力を引き出し、チームの一員として組み込むべきかを十分に理解しているだろう。

 チームとしても、過去から学ばなければならない。昨年は、2ステージ制の恩恵により成功を収める大きなチャンスを得られたとはいえ、ヴィッセルは過去にも増して波が激しく、チャンピオンシップ出場に必要な安定感を維持することはできなかった。

 シーズン最後の10試合では1敗しかせずに8勝を挙げ、その中にはACL出場権を獲得した鹿島、浦和、川崎F、ガンバの4チームに対する勝利も含まれていた。最終的にセカンドステージは2位で終えている。だが5月14日から6月25日にかけての7試合の結果が彼らの二面性を示しており、年間総合順位は中位の7位どまりだった。

 ポドルスキが加入することになれば、それは間違いなく決意表明であり、昨年11ゴールを記録したペドロ・ジュニオールの代役として強烈な補強となる。だが、チームはすでに有力な得点源を有しており、2016年はリーグ4位の得点数を記録していたという事実も忘れてはならない。

 レアンドロは19ゴールを挙げ、サンフレッチェ広島のピーター・ウタカと並んでの得点王に輝いた。キャプテンの渡邉千真も二桁の12ゴールを記録。だが守備面では43失点を喫しており、年間総合首位の浦和より15点も多かった。改善が必要な部分はそこにもある。

 抜け目のないネルシーニョは、ポドルスキの存在が神戸を栄光へと導く魔法の杖とならないことを理解しているだろう。この補強が成功し、ハッピーエンドを迎えるためには、クラブに関わる他の全員が同じ意識を持つことが欠かせない。

(文:ショーン・キャロル)

text by ショーン・キャロル