<ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇26日◇トリーパインズGC(サウスコース7,698ヤード、ノースコース7,258ヤード・共にパー72)>
カリフォルニア州にあるトリーパインズGCで開幕した、米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」は第1ラウンドを行い、松山英樹は1イーグル・2バーディ・3ボギーの“71”で1アンダースタートとなった。石川遼は3バーディ・5ボギー“74”で2オーバー。1年5か月ぶりの復帰戦となるタイガー・ウッズ(米国)は2バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“76”で4オーバーと出遅れている。
【【PGAツアー動画】ウッズがトランプ大統領のゴルフスキルを称賛!「かなり飛ばしていた」
サウスコースのOUTから出た松山は6番のパー5で2オンに成功してバーディを先行させると、9番のパー5でもグリーン右手前からのアプローチを寄せてバーディとし2アンダーで折り返した。後半13番のパー5では、フェアウェイから約236ヤードのセカンドを1.5メートルに2オンし、イーグルを奪取。一気に4アンダーとし上位争いに食い込んで見せた。しかし、15番でティショットを右のラフに入れてボギーとすると、続く16番パー3もボギー。最終18番パー5では3打目でグリーンをとらえるも3パットでボギーフィニッシュとした。
石川遼は前半からボギーが常に先行する展開で足踏みが続くと、上がり2ホールを連続ボギーとして苦しいスタート。復帰戦のウッズは11番までは1アンダーとするも12番から3連続ボギー。15番をダブルボギーとすると17番もボギーとし5オーバーとスコアを落としている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>