左からマーカス・プレッツェル(AfD)、ヘルト・ウィルダース(オランダ自由党)フラウケ・ペトリー(AfD)、ハラルド・ヴィリムスキー(オーストリア自由党)、マリーヌ・ル・ペン(国民戦線)、マッテオ・サルヴィーニ(北部同盟) photo by Thomas Lohnes/Getty Images

写真拡大

 現在のグローバル化された政治体制ではなく、「米国民を優先しての政治を行う」と主張して勝利したトランプ氏の米国大統領就任を受けて、それと目的を同じくするグローバル化に反対しているヨーロッパの極右政党がドイツの西部の都市コブレンツにて集会を開いた。

 参加したそれぞれの政党は欧州議会で「国家と自由の欧州」という呼び名の会派を構成している。

 この集会に参加したリーダーの中で特に注目を集めたのはフランス国民戦線のル・ペン党首とオランダ自由党のウィルダース党首である。何故なら、前者は次期選挙でフランスの大統領、後者はオランダの首相になる可能性があるからである。

 オランダの総選挙は今年3月、フランスの大統領選挙は初回投票が4月、決戦投票が5月に予定されている。仮に両者がそれぞれ大統領と首相に就任するような事態になると、ユーロの崩壊はほぼ確実となる。そして、中東やアフリカからの移民・難民の排斥はより鮮明となる可能性が強い。

◆2000年代から極右政党が乱立

 上述の欧州議会の会派の中では、フランスの「国民戦線」は1972年の創設で極右政党の中で一番古い政党である。それに続いてイタリアの「北部同盟」が1991年の創設。それ以外の参加した極右政党は、それぞれ欧州連合やユーロ通貨を通してヨーロッパでグローバル化が進んだことで、その弊害が加盟国の中で顕著になり始めた2000年代に誕生している。

 例えば、オランダの「自由党」は他の政党から2006年に分離して結成された。また、ドイツで急激に支持者を増やしている政党「ドイツの為の選択肢(AfD」は2013年の創設である。特に、極右政党が急激に支持者を集めるようになったのは、中東からの難民の流入がヨーロッパにに急増し始めてからである。

 特に、イタリアやギリシャに難民が絶えることなく流入するようになると、ヨーロッパの市民は自分たちの社会秩序が乱され、職場も彼らに奪われるという危機感を覚えるようになった。そして、イスラム化の浸透も懸念するようになった。

◆結束する欧州の極右政党

 そんなヨーロッパ市民の不安を代弁して支持を集めたのが極右政党である。彼らの共通した政策は次のようなものである。

●不法移民の本国への送還。
●シェンゲン協定を廃止して、欧州連合の間でも国境を復活させて、不法移民の流入を防止しコントロールする。
●ユーロ通貨を廃止して経済格差の是正をする。
●欧州連合を解体させて各国が国家の尊厳を取り戻す。

 ユーロ通貨の廃止の必要性は難民問題が発生する以前から存在していた。経済レベルの異なった国同士が同じ通貨を使用するということ自体に既にひずみが生じているのだ。そして、自国の金融・財政政策が欧州連合委員会に委ねられるというシステムを今後も継続することに無理があるというのは鮮明になっている。しかも、ユーロ通貨の価値を一定に保つ為に、経済力のある国が経済力の弱い国に支援金を提供するということ自体にも支援金を提供する国の国民の間でその支援に反対する意見が強くなっている。何故なら、その償還がほぼ不可能であるということが判明しているからである。

 その様な意味で、英国が真っ先に欧州連合から離脱することを決めたことを極右政党は支持している。「英国に続け」という考えなのである。また、英国の欧州連合離脱派は当初から欧州連合の解体を内心期待しているのである。ル・ペン党首は<「Brexitは欧州連合にドミノ現象を引き起こす」>述べている。(参照:「El Espanol」)

◆「レイシズム」と離れられない彼ら

 極右政党というからにはファシズムを連想させるのであるが、必ずしもそうではない。今回集まった極右政党のリーダーたちの考えはグローバル世界から本来の一つの独立国家に戻し、国同士で協力して相互に発展して行く体制づくりを望んでいるのである。勿論、ギリシャの「黄金の夜明け」やハンガリーの「フィデス」のように独裁的でファシズムを連想させるような政党もあるが、それは例外である。

 しかし、どの極右政党もひとつだけ広く市民から拒絶される考えを持っている。それは人種差別である。例えば、イスラム人をあたかも犯罪者であるかのように見做して排斥しようとする姿勢である。この姿勢を捨てない限り広く市民からの支持は難しいであろう。

 そして今、極右政党の敵はメルケル首相である。彼女が積極的に難民を受け入れる姿勢を見せたことによって、今ヨーロッパは社会危機に陥ったと彼らは考えているのである。

<文/白石和幸 photo by Thomas Lohnes/Getty Images>
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営する生活。バレンシアには領事館がないため、緊急時などはバルセロナの日本総領事館の代理業務もこなす。