JBLの高品位サウンドを手軽に楽しめるエントリーモデル

写真拡大

各種オーディオ製品を扱うハーマンインターナショナル(東京都台東区)は、米JBLブランドのワイヤードタイプのヘッドホン「T450」と、Bluetooth搭載ワイヤレスモデルの「T450BT」を2017年1月24日に発売した。いずれも32ミリ径ドライバーを搭載。シンプルな操作性とデザインを兼ね備え、手軽に使用できる同ブランドのエントリーモデル。

ワイヤレスモデル、約3時間の充電で最大約11時間の再生が可能

コンパクトに折りたため軽量設計で持ち運びしやすい。

ワイヤードモデル「T450」は、絡みにくいフラットタイプケーブルにマイク付き1ボタンリモコンを備え、ハンズフリー通話や曲の一時停止/再生が可能で、通勤時など移動中でも簡単に操作できる。

ワイヤレスモデル「T450BT」は、約3時間の充電で最大約11時間の音楽再生が可能なバッテリーを内蔵。イヤーカップ部にボタンを装備し、通話の応答や音量調節のほか、曲の再生/一時停止、曲送り/戻しなどの操作が可能だ。

カラーはいずれもホワイト、ブラックの2色。

直販サイト「ハーマン公式通販サイト」での価格は、「T450」が2880円、「T450BT」が4880円(いずれも税別)。