『iOS 10』では、iPhone・iPadの間でコピーしたテキスト・写真などを共有できるユニバーサルクリップボードという機能があります。

たとえばiPadでコピーした写真を、iPhoneでメモに貼り付けられます。

ユニバーサルクリップボードを使うための準備

1. iOS 10以上にアップデートする

いまお使いのiOSのバージョンを設定アプリの【一般】→【ソフトウェアアップデート】で確認しましょう。

2. 同じApple IDでiCloudにサインインする

iPhone・iPad間でコピーした内容をやりとりするには、同じApple IDでiCloudにサインインしている必要があります。設定アプリの【iCloud】で確認しましょう。

3. Wi-FiとBluetoothをオンにする

設定アプリかコントロールセンターでWi-FiとBluetoothをオンにします。

4. Handoff機能をオンにする

ユニバーサルクリップボードはHandoff機能の一部です。設定アプリの【一般】→【Handoff】を開き、オンにしましょう。


Handoffには、ほかにも便利な使い方があります。
iPhoneからMacに作業を引き継げる『Handoff』。連携の速さがヤバい!
→ 『Chrome』に表示中のウェブページをMacで開き直せる機能が登場!

5. iPhone・iPadを近くで使う

コピーするデバイスとペーストするデバイスが近くにないと、ユニバーサルクリップボードは使えません。

ユニバーサルクリップボードの使い方

たとえばiPadでテキストや写真をコピーします。


少し間を置いて、別のデバイス(例:iPhone)でペーストしてみましょう。


すると、iPadでコピーした内容をiPhoneでペーストできます。


この機能を使えば、メールを自分宛に送ったり、メモで共有したりする必要がなくなります。2台のiOSデバイスを使い分けている方はぜひお試しください。

参考

連係機能を使って Mac、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch をつなぐ - Apple サポート