石川遼は2オーバーと苦しい立ち上がり(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇26日◇トーリーパインズGC>
米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」がカリフォルニア州にあるトリーパインズGCで開幕。サウスコースをラウンドした石川遼は3バーディ・5ボギーの“74”、2オーバーで初日を終えた。
【特別動画】2017年初戦を終えた石川遼、今後の課題は?
この日は2番で1メートルから3パットでボギーが先行。続く3番のパー3ではティショットを4メートルにつけてバーディとするも、5番では13メートルから再び3パットのボギーを叩くなど足踏みが続いた。9番パー5でバーディを奪うも11番でボギー、13番バーディのあとは17番、18番と連続ボギーを叩いて最後まで波に乗れず苦しいスタートとなった。
同じくサウスコースを回る松山英樹は13番まで終えて4アンダーと好スタート。今大会が1年5か月ぶりの復帰戦となるタイガー・ウッズ(米国)はイーブンパーで12番までを終えている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>