Facebookメッセンジャーアプリ内で広告テストを開始。全世界での展開には言及せず

写真拡大

Facebookは、同社のメッセンジャーアプリ内で広告配信のテストを開始したことを発表しました。今後数週間のうちにタイとオーストラリアのユーザー向けに実施されると告知されていますが、全世界に展開する予定かどうかは明言が避けられています。広告は最近の会話の下のエリアに配置され、ちょうどFacebookのニュースフィード(タイムライン)に広告が表示される感覚です。これをクリックすることで、個人と企業との会話が開始するしくみ。Facebookメッセンジャーへの広告掲載は昨年2月に噂されていましたが、今回ようやく第一歩を踏み出した形です。

Facebookは、すでに個人と企業の間で毎月10億件ものメッセージがやり取りされている実績を強調。メッセンジャープラットフォームが企業の売上やブランド認知の後押しをすること、顧客の満足度を高める可能性について語っています。

サンプル表示されたイメージでは、広告はお気に入りユーザーの下にあり、ホーム画面のかなりの部分を占めていますが、ドロップダウンメニューから特定の広告を非表示にできるとのこと。そしてユーザーが広告をクリックして広告主とのチャットを始めない限り、広告が会話内に表示されないと約束しています。

今回のテストでは「多くを学ぶことを望む」としながらも、さらなる拡張を検討する前に時間をかけ、「ユーザーにとっても企業にとっても最良のエクスペリエンスにしたい」と述べられています。現状では広告のスペースが大きくてスクロールの手間が掛かりそうですが、よりユーザー想いのインターフェイスに改善されるかもしれません。