長く使えて着回せる! ユニクロのコスパ王者は「スキニーパンツ」!!

写真拡大

今回でコスパコーデは最終回を迎えました。涙をグッとこらえて執筆しております。今回は最終回にふさわしい「高コスパキングのアイテム」をお伝えしたいと思います。

ここ数年、ゆるシルエットがトレンドでしたが、2017年はゆるピタにシルエットチェンジする模様。そこで、返り咲くであろう細身なボトムス。そんなトレンドも攻略できて、さらにベーシックにも使えるのはやっぱり“ユニクロのスキニーパンツ”。私がファッションブログを続けてきた中でずっとコンスタントに使い続けてきた実績があるのがユニクロスキニーだったのです。
スキニーパンツを流行らせた立役者であるユニクロのスキニーはやっぱり高コスパキングでした。そんなコスパ王者“ユニクロのスキニー”を使ったコーディネートを紹介したいと思います。

こちらは2年前に購入したもの。購入時価格3990円(税別)。色はブラック。高頻度で使用しているものの、色あせはほとんどありません。綿素材なのでオールシーズン使用可能です。

ボタンやステッチはブラックで統一されており、ジーンズですがカジュアルすぎない上品さが魅力です。

■トレンドの“ゆるピタ”シルエットが作れる!

(ニット:ザラ、シャツ:ユニクロ、スニーカー:コンバース)

今年はトップスとボトムスのバランスがゆる×ゆるの流行は終わり、ゆる×ピタのシルエットが流行りそうです。この冬、購入したゆるニットもスキニーを合わせれば新鮮な印象になりました。

■きれいめコーデもスマートにきまる

(ニット:ザラ バッグ:エルベシャプリエ パンプス:ザラ)

ユニクロのスキニーはジーンズカテゴリーで販売されていますが、カジュアルすぎないのが魅力。ディテールまで黒で統一され、色ムラのない素材なのでキレイめのコーディネートにもハマります。

■ブーツインスタイルもスッキリ着られる

(コート:フィリッパK、ブーツ:ノースフェイス、バッグ:ジュライナイン)

雨や雪の日はレインブーツを履きたい、けれどブーツにパンツを入れるとモコモコもたつく、なんていう問題はスキニーパンツで解決です。

■ワンピースを重ねた新鮮な着こなしにも

(ワンピース:マカフィー、ニット:無印良品、ブーツ:ローズバッド、バッグ:メヌイ)

ワンピースは着回しの幅が狭いのが飽きる原因ですが、スキニーを合わせればカジュアルな着こなしになって新鮮です。冬なら薄手のワンピースもスキニーで防寒できますね。

■まとめ

●ユニクロスキニーパンツが高コスパキングの理由

・何年もオールシーズンで使えてお手頃価格
・数年使用しても飽きないシンプルデザイン&あせない高品質素材
・トレンドもベーシックも攻略する着回し力

今回紹介した私物のスキニーパンツはこれで3代目です。スキニーパンツが売り出されたころからリピートして使用していますが、本当に出番の多い1枚です。特にブラックはどんな洋服にも合わせやすく、丈感もブーツやスニーカー、パンプスといったシューズにも幅広く対応できます。本当に使い勝手が良すぎるアイテムなんです!!

今年は細身ボトムスの返り咲きでさらに活躍の場が増えることは間違いないでしょう。
スキニーパンツをお探しなら私はやっぱりユニクロをオススメします。

これからも高コスパでもっとオシャレを楽しみましょう。

それでは、またどこかで。

ファッションブログ『モコーデ』がお届けしました。

(高幣素子)