JIM-NET代表も務める医師の鎌田實氏

写真拡大

 最近はめっきり報道されることが少なくなったが、IS(イスラム国)による世界の混乱は、いまも続いている。シリアやイラク、クルド自治区への医療支援をしているJIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)代表もつとめている鎌田實医師が、クルド自治区の難民キャンプを支援のために訪れたときの体験を報告する。

 * * *
 クルド自治区であるアルビルは、イラクのなかでも比較的治安がいい。だが、3か月前、モスルを過激派組織ISから奪還するための攻撃が始まってから、アルビルにも混乱の波が押し寄せている。

 モスルは、2014年からISに支配されていた。かつては人口150万人が暮らすイラク第二の都市だった。そこを奪還するため、イラク政府軍とクルド自治政府軍、シーア派民兵、アメリカを中心にした有志連合の空爆が一体となって攻撃し、じわじわとISを追い詰めている。それに伴い、モスルから避難してきた人たちがアルビルにもあふれているのだ。

 ぼくは2016年の年末、難民キャンプや病気の子どもたちの支援のため、アルビルを訪ねた。

 ぼくが代表をしているJIM-NETが支援してきたがん専門病院のナナカリ病院にも、モスルから来た小児がんや白血病の子どもたちが続々と集まっていた。患者数が40%も増え、病院のキャパを超えた。病室に行くと、ベッドが足りず、子どもがベンチに座らされていたりする。日本ではとても考えられない光景が目の前に広がっていた。

 薬も足りていない。イラクでは基本的な医療費は無料だが、病院に薬がない場合は、家族が町で薬を調達しないとならない。抗がん剤は高価であり、品薄で手に入らないものもある。薬がないと、当然、まっとうな治療はできない。せっかくモスルから逃れてきたのに、どうすることもできない。

「生きた心地がしない」と、避難民たちが口々に言うモスルでの生活はどんなだったのか。モスルから来た患者家族に話を聞くことができた。

 ある小児がんの子どもは、モスルでは有名なイブンアシール病院で治療を受けていた。ISに制圧されたばかりのころは、そこそこの治療を受けることができたが、次第に薬の供給が滞るようになった。抗がん剤の多剤併用療法をしたくても、すべての抗がん剤がそろわない。モスルにとどまったドクターたちが少ない薬で、必死に治療を続けてくれたという。

 ISが支配しはじめたころのモスルは、まだそれほどの緊迫感はなかった。物価が下がり、食料もシリアやトルコから潤沢に運ばれてきた。ISも、自分たちに従う者に対しては比較的柔軟だった。成人男子はひげを生やすこと、イスラムの民族衣装を着ること、携帯電話を使わないことを守れば、自由があったという。

 しかし、徐々にしめつけが厳しくなり、若者だけでなく、子どもにまで兵士としての訓練をはじめた。いつの間にか恐怖が支配し、生きている心地がしなかったという。

 ある父親は、モスルのセンター病院に、白血病の3歳の子どもを連れて行った。そこで、ISから「子どもの命を助けたかったら、仲間になれ」と脅される体験をした。「とんでもない」と断ると、今度は法外な治療費を要求された。

 家に帰ると弟思いの長男が、「弟を助けるためなら、オレがISに入る」といきり立った。そんな長男を、父親は思い切り殴りつけた。息子の命を救うために、もう一人の息子を人殺しにしたくなかったのだ。

 その後、父親はISの目を逃れ、モスルから脱出。ようやくナナカリ病院に白血病の子どもを連れてくることができた。

 ナナカリ病院と同様、ぼくたちが支援している外科のロジャワ病院も訪ねた。この病院は、アルビル市内のモスルに近いところにあるため、救急車が次々と急患を運び込んでくる。

 ちょうどぼくが訪ねたときは、ダムダム弾という、弾頭が体内で炸裂する武器で、のどを撃たれた男性が搬入されてきた。特殊警察の警官だという。

「人間のすることではない」と泣き崩れる中年の女性がいた。ISが撃ったロケット弾で、夫と3人の子どもが命を落とした。一人だけ生き残った息子が、いま生死をさまよっている。

 この病院には、アルビル郊外のハーゼル難民キャンプからの患者も多い。この2か月間、モスルからの避難民が多く押し寄せ、3万5000人まで増えた。

 難民キャンプと病院の間には、橋がかかっている。ISが撤退するとき、この橋を爆破した。そのため、今は仮設の橋だ。避難民は、その頼りない仮設の橋を渡って、病院にやってくる。

「自分たちの生活はめちゃくちゃにされた」と、モスルで警官だった男性はいう。彼の弟は携帯電話を使っているのを見つかり、スパイだと言われて、頭に1発、胸に4発撃ちこまれて殺された。「まだ100人近くの親戚がモスルに残っている。怖くてしょうがない」と語った。

「モスルは地獄だ」という避難民もいた。だが、ハーゼル難民キャンプの生活も過酷だ。

「モスルよりはマシだが、自由のない難民キャンプにはいつまでもいたくない。はやく平和になって、うちに帰りたい」

 ぼくたちJIM-NETは、イラク戦争後から、病気や戦争で傷ついた子どもたちの医療支援を続けてきた。2003年にアメリカが中心になって起こした戦争は、いまのISが台頭する情勢を生み出す一因をつくった。

 昨日より今日、今日より明日がもっとよくなるように、支援活動を続けてきたが、イラクの治安は悪化し、病気を抱えた子どもにとってますます過酷な状況になってきている。

 今後も、ナナカリ病院など4つの病院に支援を続けたり、診療機能をもつ車両で難民キャンプを回るモバイルクリニックを展開していくが、それだけでは追いつかない現状がある。だが、あきらめるわけにはいかない。

 JIM-NETでは、イラクの病気の子どもたちを救うため、チョコ募金を呼び掛けている。1口2000円の寄付をしてくれた人には、チョコレート4缶をプレゼントする。チョコレートは六花亭製、チョコ缶には、イラクの白血病の子どもたちの絵がプリントされている。

 いま世界中でテロが横行し、不穏な空気が流れている。平和を考える糸口としても、ぜひ、たくさんの人に協力をお願いしたい。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。近著に、『死を受けとめる練習』『遊行を生きる』。

※週刊ポスト2017年2月3日号