韓国の全国民が解明を望むセウォル号事故「空白の7時間」

写真拡大

 2016年10月31日、実業家を名乗る女性、チェ・スンシル(60才)が韓国で緊急逮捕された。肩書は実業家でシャーマン、そして韓国大統領、朴槿恵(64才)の大親友。その彼女が外交や北朝鮮対策などにかかわる国家機密や、大統領の演説文を受け取り、国政に深く介入していたことや、政治資金を流用したことが逮捕理由だった。

「苦しい時にも助けてくれたから、何でも相談できる間柄だった」。両親を暗殺され、信用できる人間がいなかった朴槿恵は、そう言って彼女を擁護し、アドバイスをもらってはいたものの、疑惑そのものは否定した。しかし、事態は収束するどころか、この逮捕を発端に韓国を揺るがす一大スキャンダルへと発展している。

 チェ・スンシルの娘、チョン・ユラ(20才)の名門女子大不正入学疑惑、サムスンやロッテなど大財閥の不正献金疑惑、そして朴槿恵が公費で整形や美容注射を打っていた疑惑などが相次いで浮上。ついにはセウォル号沈没事故の当日(2014年4月16日)、整形の施術を受けていたのではないかという疑惑まで飛び出した。韓国で今、何が起きているのか。本誌・女性セブン記者は、極寒の韓国へと飛んだ──。

 1月17日、光化門(ファンファンムン)広場。

「3年たった今も、韓国国民の傷は癒えていません。もし、あの日韓国に大統領がいたら、あんな事故は起きなかった」

 セウォル号のデモのテントに座り、初老の男性が涙ぐみながら訴えた。

 私たちが韓国に着いてからまず訪れたのは、デモの中心となっている場所だ。大統領官邸「青瓦台(せいがだい)」をはじめとする公共機関や、ラグジュアリーホテル『フォーシーズンズ』が立ち並ぶ中にあるその広場は、洗練された街の雰囲気からは随分浮いているように見えた。

「もしきちんと対応していれば、食い止められた事故だったんです。あの7時間、一体何が起きていたのか、私たちは知る権利も義務もある」

 知る権利と義務──この言葉はその後の取材中も、いろんな場所で聞いた言葉だった。

 当時、日本でも連日大きく報じられたセウォル号事件は、韓国では過去のものではない。2014年4月16日に起きたセウォル号の転覆は、乗員・乗客の死者295人、行方不明者9人、捜索作業員の死者8人を出した。

 事故が起きたのは午前10時。大統領にはすぐに約300人が行方不明と連絡が入ったものの、対策本部に顔を出したのは午後5時を回っていた。国の緊急事態に怠慢があったのではないか。あれから3年が経った今、チェ・スンシルの逮捕を発端とした一大疑獄事件に発展した中で、韓国国民は大きな疑惑の目で、事件を見ている。最大の焦点は、この「空白の7時間」に朴槿恵が何をしていたのか。

 ヘアセットをしていたという説や、親しい男性との密会説、そして『巫女祭り』と呼ばれるシャーマンによる祭祀をしていた説など、さまざまな憶測を呼んでいるが、朴槿恵はすべて否認。しかし、今もって何をしていたかを明確に示すこともない。そこで今、特検(特別検察チーム)が追及しているのは、美容整形の施術を受けていたということだ。

 ソウル市民の男性は「整形の注射を打つのはいい。だけどそれを、いつ、どこで打ったかが問題なんだ」と怒りをにじませる。韓国において、女性が美しくあることは学歴や財力と同じくらいの重要度を持つ。だから、大統領の整形そのものはそれほど問題ではない。しかし、公費を使って、しかも大きな事故の渦中に行っていたとしたら大問題であるというのだ。

「いつ、どこで」を解明するため、「特検」は2016年12月28日、江南で整形クリニックを営んでいたキム・ヨンジェ医師(56才)の自宅を家宅捜索した。一介の医師が「空白の7時間」に関係していると睨んでいるのだ。

 彼には、青瓦台に入って朴槿恵の皮膚を診断したり、美容注射を打っていたという疑惑があり、さらに空白の7時間にも、施術を行っていたのではないかと言われている。

 キム・ヨンジェ医師のクリニックはホームページもなく、口づてで広がったお金持ちのセレブたちの自宅に往診していたとの情報をもとに、取材を進めると、江南にある雑居ビルに辿りついた。大統領お抱えの整形医であれば、さぞや派手で大きな病院かと思えば、歯科医院や喫茶店の入ったごくありふれたビルの7階でひっそりと看板をかまえていた。入り口にもラグジュアリーな装いはなく、“キム・ヨンジェクリニック”とそっけなく書かれていただけだった。病院内は電気が消えており、インターフォンを押しても、大声で呼びかけても誰も出ない。

 周辺の住民や同じビルの病院スタッフに聞いても、みんな示し合わせたように「知らなかった」「見たことがない」と表情を曇らせた。江南に実家のある女子大学生は、母親から名前を聞いたことがあると言う。

「オンマたちの間では、呼ぶと美容注射を打ちに来てくれるお医者さんとして評判だったようです。江南に住むマダムたちが何人かで集まって“注射をお願い”と電話すると持ってきて打ってくれるって。糸を注入するフェイスリフティングの注射がメーンで、1本30万円くらいが相場だったようです。本人は、外見も地味だし、物静かなタイプだけれど、お金にはうるさかったとか」

 日本の常識からすれば、美容クリニックの医師を家に呼んで、みんなで仲よく注射を受けることなど考えられない。しかし韓国ではそう珍しい光景ではないという。

「『ヤメ』という注射おばさんがいて、ママ友や親戚たちの間で電話番号が共有されているんです。例えば『ユンケル注射1本』と電話でお願いするとおばさんがスクーターで来てくれて、打ってくれる。1本5000円くらいで、病院に行くより安いし楽だから何回かお願いしたことがあります。そういった注射だけでなく、美容師やエステの『ヤメ』もいますよ」(韓国在住ジャーナリスト)

 注射を打ってくれる「ヤメ」のほとんどは、元看護師。その理由を、産経新聞ソウル駐在特別記者で論説委員の黒田勝弘さんが分析する。

「韓国の女性の価値というのはとにかく若いことと美人なこと。だから病院の女性スタッフは若い人ばかりで、結婚したら退職するのが普通です。そのため、資格だけ持った『元看護師』が大量に発生するというわけなんです」

 キム医師が注射器を片手に青瓦台に日参する一方、家族たちも朴槿恵利権にありついていた。

 キム・ヨンジェ医院と同じビルに入っていたコスメブランド『ジョン・ジェイコブス』。韓国人に聞いても、「知らない」「聞いたことがない」と首をかしげるこの無名コスメが、2016年夏頃から『新羅ホテル』や『新世界デパート』の目立つ場所に置かれるようになった。

 その理由は同社の経営を、キム・ヨンジェの親族がしていたからと考えるのは早計ではないはずだ。大々的に売り出されるだけではなく、青瓦台でのおみやげとして大量にばらまかれていたという報道もあったのだから。

 もちろんこの騒動でデパートやホテルからは撤退。ホテルやデパート関係者に聞くと、「理由はわからないけれど撤退しました」と複雑な表情を浮かべた。

 キム・ヨンジェ医院の階下にある直営店には、スタッフが常駐していた。「大統領お墨付きのコスメと伺ってきたのですが」と言うと、「今は売ってないんです」と申し訳なさそうに答える。

 病院ももぬけの殻、疑惑コスメも空振り。これでは取材にならない──そんな私たちの落胆した表情が見てとれたのだろう。「そんなにおっしゃるなら…」と中に入れてくれた。

 内装は白とオレンジを基調としたおしゃれなサロン風のつくり。化粧品販売のほかに、エステなどの施術も行っているようだ。「朴槿恵が青瓦台で配っている」と噂になったセットは222ドルだった。

「これが基礎化粧品も入ったいちばん高級なラインです。男性もお使いになれますし、今買ってくださるなら10%オフにしますよ」

 熱心に進めてくる塩顔イケメンのスタッフは、「朴槿恵はこれを職員に配っていたんですか?」といった、少しぶしつけな質問にも、ニコニコ顔を崩さず、今度は誇らしげな表情を浮かべてこう説明した。

「職員には配っていませんよ。朴大統領が差し上げるのは海外から来たVIPです。例えばエリザベス女王やオバマ大統領なんかに。このお店には韓流スターなど、たくさんのセレブリティーが来ているんですよ」

 しかし「セレブリティーといえば、やっぱり大統領も?」と聞くと「いえ、あのかたは…」と口をつぐんでしまった。

 こういった相手の反応は、取材中何度もあった。この件で何人も暗殺されたり行方不明になったりしているうえ、韓国は「CCTV」という監視カメラがいたるところに付けられており、すべて録画されているというのだから、無理もないのか…。

※女性セブン2017年2月9日号