<ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇26日◇トーリーパインズGC>
米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」がカリフォルニア州にあるトリーパインズGCで開幕した。前半を終えて、サウスコースを回る石川遼は13番まで終えてイーブンパー。同じくサウスコースをラウンドしている松山英樹は2アンダーで折り返した。今大会が1年5か月ぶりのツアー復帰戦となるタイガー・ウッズ(米国)は1オーバーでハーフターンした。
【特別動画】2017年初戦を終えた石川遼、今後の課題は?
石川は2番で1メートルから3パットのボギーが先行するとその後はバーディとボギーが交互に来る展開でスコアを伸ばせない。直後の3番はバーディとするも、5番でボギー。9番パー5はバーディとするも後半も11番でボギーを叩くなど波に乗れずにいる。松山英樹は6番、9番と2つのパー5を確実にバーディとし、ノーボギーで前半を終えている。
大きな注目を集めているタイガー・ウッズ(米国)はスタートホールの1番でセカンドをグリーン右に大きく外すとそこから寄せきれずボギーが先行。その後はスコアカード通りの数字を刻んでいる。現時点で首位はノースコースで5アンダーまでスコアを伸ばしているキム・ミンフィ(韓国)となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>