「OCNモバイルONE」のSIMはオンラインや家電量販店で扱っている

写真拡大

MVNOサービス「OCNモバイルONE」を提供するNTTコミュニケーションズ(以下、NTTCom)は2017年2月1日から、データ通信プランに月額料金「20GB」と「30GB」の2コースを設ける。
【データ通信専用SIM】20GB...4150円、30GB...6050円
【音声対応SIM】20GB...4850円、30GB...6750円
※価格はいずれも税別

通信速度の高速化やコンテンツのリッチ化に伴い、データ通信使用量は増加傾向にある。大手3キャリアや競合するMVNOが同様のコースをすでに始めており、それに対抗する形だ。イオンモバイルの「データ通信プラン20GB」が4480円、業界最安値水準をうたうDMMモバイルの「データSIMプラン20GB」が4980円であることを考えると業界最安クラスといっていい。

SIMカード追加の手数料も4月末まで無料に

同時に、1つの契約でSIMカードを複数枚発行してデータ容量をシェアする「容量シェアSIM」サービスのうち、以下の2コースの月額料金が50円値下げに。すでに利用中の人は自動的に新料金が適用される。

OCNでは「SIMカード追加手数料無料キャンペーン」を2月1日〜4月30日の3か月間実施する。通常、データ通信専用SIMの追加手数料1800円、音声対応SIMの追加手数料3000円それぞれかかる(どちらも1枚当たり)。格安SIMの月額料金水準からするとバカにできない費用だ。

さらに従来の5GBコースは料金据え置きのまま6GBに自動増量される。データ通信専用SIMの月額料金が1450円で、音声対応SIMが2150円。