【詳細】他の写真はこちら

ワイヤレスイヤホンもよさそうだけど、当面は有線イヤホンかな……という人のために。

iPhoneなどのLightning端子をステレオミニプラグとLightning端子の2口に変換できるアダプタ『500-IPLM017A』が、サンワサプライの直販サイト・サンワダイレクトに登場しました。これはiPhone 7/7 Plusで廃止になった3.5mmステレオミニプラグ(いわゆるヘッドホン端子)を使えるようにしつつ、同時にLightning端子による充電もできるようにする製品です。サンワダイレクトでの販売価格は5480円。



iPhone 7/7 Plusに従来のイヤホン・ヘッドホンを有線接続するには、iPhoneに付属のLightning変換アダプタを使うことになります。しかしその場合はLightningコネクタで充電することができなくなるので、充電しながら音楽を聴きたいといった場合は本製品のように端子が2口になっているアダプタが必要。

 

▲『500-IPLM017A』本体の表・裏面。アダプタの大きさは約W20×H16.9×D52mm、ケーブルの長さは約12cm。

Lightningオーディオ変換アダプタは各社から発売されていますが、『500-IPLM017A』の場合は以下のような特長があります。

■アップルによるMFi(Made For iPhone)認証品。

■音楽再生中に着信があると再生が中断され、イヤホンとiPhone本体から着信音が鳴り、通話が終わると再び音楽が再生される。

■アダプタには音量調節のボタン、音楽の再生/一時停止、曲のスキップなどができるセンターボタンも用意。

■マイクも内蔵しているので、通話やSiriのコントロールなど純正イヤホンと同等の操作ができる。



ケーブルを2本挿した状態は正直あまり見栄えがするものではありませんが、ワイヤレスでないイヤホン・ヘッドホンを使いたいユーザーにとっては実用性が高そうな一品です。

文/柳 雄大(編集部)

関連サイト



サンワサプライ『500-IPLM017A』通販ページ(サンワダイレクト)

関連記事



iPhone 7ユーザー必携のお役立ちLightning周辺機器「基本の3アイテム」