土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 東京すみっこごはん」の主演に決まった黒島結菜/(C)WOWOW

写真拡大

WOWOWプライムにて、5月にスタートする土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 東京すみっこごはん」で、黒島結菜が主演を務めることが分かった。

【写真を見る】主人公の女子高校生が、「すみっこごはん」と書かれた一軒家にたどり着くことから始まるヒューマンストーリー/成田名璃子「東京すみっこごはん」(光文社文庫刊)

本作は成田名璃子の同名小説をドラマ化したもので、主人公は幼いころに両親を失い、孤独を抱えて生きてきた女子高校生・沢渡楓(黒島)。ある日、楓は「すみっこごはん」と書かれた一軒家にたどり着く。

そこは生きづらさを抱えながらも楽しくごはんを食べるために集まる人たちの“共同台所”で、楓は彼らと触れ合ううち、次第に生きる意味を感じ取っていく…というヒューマンストーリーだ。

黒島は三島有紀子監督から「撮影が終わって普段の自分に戻っても、楓を通して物事を考えてほしい」とリクエストされたという。

「楓はよく写真を撮っているのですが、楓が撮るものは“失くなってほしくないもの”なんです。ハッと気付かされるものがありました」と話す黒島は、カメラに関しては自身もかなりの腕前の持ち主。

三島監督はそんな黒島の印象を「“感じる力、想像する力のとても豊かな人だろうな”と想像していたのですが、初めてお会いした時、思っていた通りの方で、なおかつとても落ち着いていました」とコメントしている。

また、本作は劇中に登場する「ごはん」も、大きな見どころの一つ。ある女性の思いが宿ったレシピから作られていく、素朴ながらも味わい豊かな料理の数々を楽しめる。

あらためて、黒島は「このドラマには、“きちんと伝えていく”、“お互いの尊厳を守る”という2つの軸があります。こんなにも温かく、優しいドラマに参加させていただけることがとても幸せです。

素晴らしいスタッフさんとキャストの皆さんと一緒に、見てくれる方々の心に残る作品にしていきますので、よろしくお願いします」とメッセージを送った。