1月27日(金)から、新たに特別企画『南極大冒険クイズ』がスタート/(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2017

写真拡大

毎週金曜夜7時から放送中の人気アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系)で、1月27日(金)から新たに特別企画「南極大冒険クイズ」がスタートすることが分かった。

【写真を見る】ドラえもん&のび太が“南極”に上陸!/(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2017

先日、ドラえもんとのび太が3月4日(土)公開の「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の舞台である“南極”に上陸を果たしたニュースは、大反響を巻き起こした。ドラえもんたちは出発前、“南極で調べてきてほしいこと”をテレビで大募集。

「ペンギンは走るのと滑るの、どっちが速い?」「南極の氷は冷蔵庫の氷と違うの?」など、子どもたちから寄せられた疑問の数々を調べるべく、現地で奔走した。さらには、ドローンや4Kカメラなどの最新機材を使い、極寒の地の撮影に挑んだ。

そんな調査の模様が、今回始まる特別企画「南極大冒険クイズ」でオンエアされる。これを見れば南極の秘密も丸分かり。子どもたちの好奇心をくすぐる『南極大冒険クイズ』を楽しんでみては?

さらに、ハイブリッドキャスト&データ放送対応企画「南極冒険日誌」も展開中。これは、リモコンのdボタンを押すと、ドラえもんの南極滞在中の日誌を見ることができるという企画だ。ハイブリッドキャスト対応では、より高画質のデータ、および過去の日誌をアーカイブとして楽しむことができる。

掲載期間は1月23日から3月6日(月)までで、南極でのドラえもんの写真、コメント、地図などが毎日昼2時に更新される。これも合わせて楽しんで、勉強や仕事でカッチコチに凝り固まった頭を柔らかくしてみては?

そして1月27日の放送は『ターザンパンツ』『追跡!!トレーサーバッジ』の2本立て。

【『ターザンパンツ』あらすじ】

激しく吠え立てる近所のイヌが怖くてたまらない、のび太(声・大原めぐみ)。きょうも吠え立てられて逃げようとしたところ、足がもつれて転んでしまった。

そんなみじめな姿を見かねたドラえもんは「キミはもっと動物に慣れたほうがいい」と言い、“ターザンパンツ”を取り出す。このターザンパンツは、履くだけで動物たちと話すことができ、仲良くなれるひみつ道具。

ドラえもんは飛びつくだけでどこにでも行くことができる“ターザンロープ”も取り出し、のび太に貸し出すことに。

早速ターザンパンツに着替え、外に出たのび太。ターザンロープに飛び乗って、屋根から屋根へ、スイスイ移動。「アーアアー!」と叫んでイヌたちを集めようとするが、呼び方を間違えたらしく、カラスやネコがゾロゾロ集まって来たりと、全くうまくいかない。

そんな中、1頭のライオンが、のび太の目の前に出現。どうやら知らないうちに、のび太がライオンを呼び寄せる叫び声を発していたようなのだが…!?

【『追跡!!トレーサーバッジ』あらすじ】

野球チームのマネジャーをしているのび太は、隣町のチームから試合の申し込みがあったことを伝えに行くが、なぜかみんな留守…。ようやく見つけたジャイアンによると、先生から学校の成績が下がったため、家で勉強させるようにとママたちに連絡があったらしく、隠れているというのだ。

寒い中歩き回って疲れたのび太は、もうこんな苦労はしたくないと嘆く。それを聞いたドラえもんは“トレーサーバッジ”を取り出すと、みんなに配るようにと言う。

いろいろな形のバッジがあり、ドラえもんによるとバッジはトレーサーになっており、手元のタブレットのレーダー地図で、誰がどこにいるかがすぐに分かるのだという。早速みんなに配った後、それぞれのいる位置をタブレットで確認してみるのび太。

その後、安雄を探す彼のママに会ったのび太は、安雄の居場所を確認して教えてあげる。続いて、ジャイアンやスネ夫のママからも居場所を聞かれたのび太は、彼らのいる場所も教えるが…?