2012年頃に登場し、わずか5年で全法人の約4分の1以上、個人事業主と合わせて100万を超える事業所が導入している「クラウド会計」。本連載は税理士と公認会計士がインタビュアーとなり、クラウド会計を活用して生産性を上げている企業の事例を紹介する。

第2回は、クラウド会計の導入によって業績を大幅にアップさせた福岡県糸島市の株式会社OKK FOODSの事例を、同社の会計事務所である株式会社クラウドコンサルティングのCOO・高島卓也氏に紹介していただく。

(構成/加藤年男 写真/竹内洋平 写真提供/株式会社OKKFOODS)

クラウド会計の導入で売上2倍!
オーナー自ら「営業や集客に動く時間」を捻出

 OKK FOODSは、キムチの製造・直売や飲食店への卸販売のほか焼肉店2店を経営する、従業員9名(パート含む)の会社である。

土井貴達[公認会計士・税理士] クラウド会計の導入で、業績にどんな変化が起こりましたか。

高島卓也[株式会社クラウドコンサルティング代表取締役COO]  導入して1年あまりですが、売上が少しずつ伸びて2016年末の12月期決算では前年対比で約12%増。12月単月で見ると売上は前年対比200%です。来期は新店舗の売上が丸々寄与しますから、通期で150%は伸ばせると見ています。

土井 効果が如実に数字に現われていますね。

米津良治[税理士] 新店舗だけでなく、既存事業でも売上が伸びているのがポイントですね。その理由はどこにあったのでしょうか。

高島 一番のメリットは、オーナーの時間が増えたことです(下図参照)。同社は、オーナーの奥さんが社長としてキムチの製造を受け持ち、旦那さんがオーナーとして売上などの管理を担当しています。直営店やネット販売に加えて市内のマーケットなどで委託販売しているのですが、その管理が極めて煩雑で時間がかかっていました。オーナーは当初、「営業や集客に自分が動きたいが、まったく余裕がない。時間を捻出する方策はないか」と悩んでいました。クラウド会計を導入した後は、営業に時間を割けるようになってキムチ卸の売上が伸びました。焼肉店のほうも、集客に手が回らない状態から、LINEを使った集客を始めて効果が上がっています。それまでは、フリーペーパーや集客サイトの担当者と打ち合わせする時間すら取れなかったんです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)