観た人誰もがハッピーになる!ミュージカル『SINGIN’ IN THE RAIN〜雨に唄えば〜』製作発表

写真拡大



本国ロンドンで連日満員の大盛況を収め、英国各紙で五ツ星を獲得! 2014年の日本公演でも大好評だったミュージカル『SINGIN’ IN THE RAIN〜雨に唄えば〜』がこの春待望の再演。ブロードウェイをめざす作家と俳優のサクセス・ストーリーが、名曲『SINGIN’ IN THE RAIN』を始めとするリズミカルな音楽、12万トン(!)もの雨とともに、明るく陽気につづられていく。

そこで、映画『リトル・ダンサー』や、マシュー・ボーンのバレエ『白鳥の湖』などでも知られる主演のアダム・クーパーが来日し、本作品の大ファンという天海祐希をゲストに迎え1月24日(火)に会見を行った。



◆何度でも演じたい大好きな舞台!

いかにも“イギリスの紳士”なアダム・クーパー。「東京は私にとって特別。第2の故郷です。この作品をまた東京に持って来ることができてうれしいです。」と日本に対する思いを話した。
また、「『SINGIN’ IN THE RAIN〜雨に唄えば〜』は、タップあり、ダンスあり、ロマンスあり、コメディありと、本当に様々な要素がつまっている。バレエやタップ、ジャズなど自分が得意としているものが披露できるので、何度でも演じたい大好きな舞台です」と作品の魅力について説明した。



◆観て絶対に損はさせません!観た人全員が必ずハッピーになれるミュージカル

2014年の来日公演も観たという天海は「アダムさんの歌う姿がとにかく美しいです。力強いけど、とても洗練されている。何時間でもずっと観ていたい。とにかく心の底から幸せになれるステージです。観て絶対に損はさせません!」と力強くコメント。さらに、「アンコールの時は客席の皆さんが大歓声で立ち上がり、歌いながら手拍子しているのを見て、なんて素敵な景色と、涙が出るほど感激しました。自分もいつかこんな舞台がしたいと嫉妬するほどでした。」と語った。

◆舞台上で12トンもの雨が降る、楽しい演出も。

前回公演でも話題になった“どしゃぶりの雨”は、今回の公演でも健在。アダムは舞台上で本物の水を12トンも使い、ざんざかと雨が降るシーンについて「転ばないことを特に気をつけています」と笑いを誘った。
そして、「日本の皆様は本当に素晴らしいです。またお会いできてうれしいと思います。
わたしも舞台で本当にハッピーな気持ちになっていますので、ぜひ皆さんにもハッピーな気持ちになって頂けたらと思っております。」と締めくくった。

アダム・クーパー主演の『SINGIN’ IN THE RAIN〜雨に唄えば〜』が観られるのは世界中でこの公演だけ。お見逃しなく!

LION PRESENTS『SINGIN’ IN THE RAIN −雨に唄えば−』アダム・クーパー特別来日 日本公演
公演日程:2017/4/3(月) 〜 2017/4/30(日)
会場: 東急シアターオーブ





エンタメ情報が満載。特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート…さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。