Amazon、Google、Facebook、Microsoft、IBMなどで組織する人工知能の研究グループにAppleが加盟する、と事情に詳しい関係者の話としてBloombergが報じています。今週中にも正式に発表される模様です。

人工知能でライバルに先を越されていたApple

Amazon、Google、Facebook、Microsoft、IBM、DeepMindが結成したPartnership on AIは、人工知能分野で最先端の研究成果を共有し、社会に貢献することを目的として2016年9月に設立された非営利組織です。
 
Partnership on AI
 
Appleは、2011年に人工知能アシスタントのSiriをiPhoneに搭載し、一般消費者向け市場に高度な人工知能をいち早く投入したものの、その後はライバルたちに先を越されている印象がぬぐえませんでした。
 
Siri

徹底した秘密主義から方針転換したApple、研究成果も公表

人工知能のような最先端の研究分野では、優秀な研究者を獲得することが必要不可欠です。しかし、Appleはその徹底した秘密主義ゆえに、研究成果の公開を許しておらず、優秀な人材の獲得を妨げている、と研究者コミュニティから批判を浴びていました。
 
この状況に危機感を感じたのか、Appleは昨年末、社内研究者らの研究成果公開を認める方針に転じ、最初の研究論文が公開されています。
 
また、Appleは機械学習を用いた自動運転技術の研究開発を進めていることを明かしているほか、今年に入ってからは、アメリカ政府の自動運転車に関する有識者会議に役員を送り込むなど、これまでの秘密主義からの転換が感じられます。

 
 
Source:Bloomberg, Partnership on AI
(hato)