ソフトバンクは1月26日、同社が送信元であるかのように装った不審なメールが確認されている、と注意を呼びかけています。

ソフトバンクと見せかけた不審メールに注意!

ソフトバンクは、同社の提供するキャリアメールアドレス(〜@i.softbank.jpまたは〜@softbank.ne.jp)あてに、ソフトバンクからと見せかけた電子メールが配信される事例が確認されている、と注意を呼びかけています。
 
不審メールは、件名が「大切なお知らせ」「Softbankご契約のお客様へ」「当選通知」などで、メール本文中のURLをクリックするよう誘導するものです。

巧妙に送信者を偽装!クリックや返信せず削除を!

ソフトバンクによると、「SoftBank」に見せかけるためにギリシャ文字のαや数字の0などが使われており、一見すると偽装には気付かないのが特徴です。
 
ソフトバンク メール 注意喚起
 
ソフトバンクは、URLのクリックや返信せずに削除することを呼びかけているほか、同社が提供する迷惑メールブロック設定などの利用を案内しています。
 
筆者のもとにも、この数日で何通か不審メールが届いています。「商品券プレゼント」「softbankユーザー必見!」などの件名に、つい目をとめてしまいます。しかし、クリックや返信をすれば、そのアドレスが有効なものであることを送信者に知らせることになります。すぐに削除してしまいましょう。
 
ソフトバンク「迷惑メールでお困りのとき

 
 
Source:ソフトバンク
(hato)