6インチフルHD液晶搭載で手のひらサイズのフルWindowsタブレットを実現した富士通「ARROWS Tab V567/P」を写真と動画で紹介【レポート】
法人向け6インチWindowsタブレットが登場

富士通は17日、都内にて「新製品発表会」を開催し、個人向けパソコン(PC)「FMV」シリーズやタブレット「arrows」シリーズの12機種、法人向けパソコン・タブレット・ワークステーションなど18機種を発表し、1月中旬より順次発売すると発表している。

中でも筆者が注目したのが法人向けの手のひらサイズのWindows 10を搭載する6インチタブレット「ARROWS Tab V567/P」で、1月中旬より151,800円(税別)で出荷を開始するという。

法人向けということで堅牢性やセキュリティーを強化し、約280gという軽さながらフルPC版のWindowsを搭載しているため、さまざまな業務に対応できるとしている。

主な仕様はCPUにIntel製「Atom x5-Z8550」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ(eMMC)、6.0型フルHD(1080×1920ドット)液晶、指紋センサー、Bluetooth 4.1を搭載し、防水(IPX4)・防塵(IP5X)・耐衝撃(MIL-STD-810G)・耐薬品に対応など。通信は無線LAN(Wi-Fi)のみでIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠、バッテリー駆動時間は約6.1時間。

今回は法人向けということで、我々がなかなか触れることができないであろうARROWS Tab V567/Pを写真と動画で紹介していく。なお、富士通の法人販売チャネルから個人でも購入は可能ということだ。

02

ARROWS Tab V567/Pの特徴は何と言ってもモバイル版ではなくフルWindowsが片手で持てるサイズに収まっている点だ。

とはいえ、正直なところ8インチでも小さいと感じるWindowsのUI(ユーザーインターフェイス)を6インチのFHD解像度に収めているので、さすがにディスプレイスケーリング100%では文字が小さすぎて使い辛い。

これはあくまで個人利用を想定した感想であり、実際にはハンディターミナルとして法人利用する場合は、用途に合わせて画面のカスタマイズを行うことで、使いやすさに関してはいくらでも良くすることはできるだろう。

03

このARROWS Tab V567/Pが生まれた背景には、PCやタブレットでは大きすぎるという業務に対して、スマートフォン(スマホ)などに置き換えるにはOSやセキュリティー面で心配がある、そこでフルWindowsを搭載し持ち運びが容易なサイズを実現することに着目したようだ。

04

そこで事例として紹介されたのが病院での看護師のラウンド業務だ。これまでノートPCと患者の識別、そして薬や点滴の読み取り用のバーコードリーダー、デジカメなどを利用していたシーンにおいて、ARROWS V567/Pであれば搭載しているカメラでバーコードをスキャンし、患者の様態の撮影も行えるため、別途必要だったデジカメやバーコードリーダー、そして大きなノートPCがハンディサイズのARROWS Tab V567/Pに置き換えることができる。

このようにARROWS Tab V567/Pのメリットは、専用の端末を設計することなくPCやハンディーターミナルを置き換え可能な点だ。耐衝撃性能や防水・防塵性能もあるため屋外での業務にも対応する。耐薬品機能はエタノールおよびIPA、次亜塩素酸ナトリウムとなっており、病院などでエタノール消毒などが可能だ。

05

カテゴリー的にはタブレットとしているが、外観はベゼルが大きいスマホという印象を受けた。サイズは約85.4×180×15.9mm、本体色は1色のみ。

06

背面は細かい凹凸のある表面加工。メンテナンスのしやすさを重視しているのか、ネジが見えている。タグリーダーなどに使えるNFC機能はオプションで追加可能だ。

07

右側面(写真=上)には、にはmicroSDカードスロット、電源キー、ボリュームキー、イヤホン端子、左側面(写真=下)にはUSB Type-C端子、クレードル用の端子がある。

08

下面にはストラップホールがあり、ハンドストラップなどをつけることで手がふさがった状態でも安全に運用できる。

09

背面には指紋センサーと800万画素カメラ、LEDライトがある。センサー類は他に加速度センサーおよび地磁気センサー、照度センサー、ジャイロセンサー、近接センサーを搭載。

10

WindowsのシステムでCPU(Atom x5-Z8550)、4GBのRAM(LPDDR3-1600)であることが確認できた。Atom x5-Z8550は4コア・4スレッドのCPUで、最大動作周波数は1.44GHz、バースト時で最大2.40GHzだ。

11

カメラはWindows標準のカメラが利用でき、静止画および動画撮影が可能。GPUはCPUに内蔵された「Intel HD Graphics 400」。動作の模様などは、実際の導入事例なども含めて担当者に説明していただいたのでムービーで紹介しておく。

【ARROWS Tab V567/Pを動画で紹介】

動画リンク:https://youtu.be/Aq0wcGUJXzc

12

第一印象では大きめのスマホと感じたのだが、実際に操作をしてみると本体の厚みと280gという重さからスマホのように片手で操作するというよりは両手で操作するタブレットであることを実感した。

通信はWi-Fiのみとなるため屋外での運用にはモバイルWi-Fiルーターなどが必要になるものの、クラウドと連携してフルWindowsとして利用できるのはさまざまな業務において大きなメリットとなるだろう。

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
個人向けパソコン「FMV」、タブレット「arrows」の新製品を発売 : 富士通
法人向けパソコン、タブレット、ワークステーションなど12シリーズ18機種を新発売 : 富士通
富士通 6型ハンディタブレット ARROWS Tab V567/P 製品詳細 - FMWORLD(法人): 富士通