私の気持ち、受け取って!

写真拡大

ことしこそは本命の彼と結ばれたい――。 そう切に願う女子たちのための「バレンタイン白書2017版」です。これを読めば、ライバルに差を付けられるかも......?

勝利を掴むには、まずは全体の動きを把握するべし。2017年バレンタインの傾向をみてみましょう。

手作りか否か、成功を分ける判断基準

マクロミルが2017年1月13日〜15日、全国20〜49歳の働く男女1000人を対象にした調査によると、今年、バレンタインチョコ(手作り用の材料含む)を購入する予定の女性は80%。その予算をたずねると、平均「4347円」で、2年前よりも639円ダウンしました。

うち、チョコを贈る相手は「本命」が58.9%で1位。あなたが狙うカレもターゲットかも知れません。2位以降はご褒美チョコ(52.1%)、ファミチョコ(31.9%)という順で続きます。

少し予算は下がったとはいえ、まだまだ平均予算は高額です。愛の深さや成功率はチョコの額とは無関係ですが、ほかと比べて見劣りしないよう、よほど彼の趣味にあったものを選ぶか、手作りで勝負するか、想像のナナメ上を行くような演出をするか、何かしらの工夫が必要なようです。

ちなみに、手作りチョコ派は25.4%で少数派です。彼への本気度、女子力の高さをアピールするには、手作りがいいかもしれません。ただし、あまり料理に自信がない人は練習が必要です。できれば第3者に味見もしてもらいましょう。見た目や味がアレで、引かれてしまっては逆効果です。

確実に美味しい物を渡したいなら、買った方が無難かも、です。

ライバルたちのアイディアを拝見

さて、みんなは当日、どんな演出を考えているのでしょうか? 見てみましょう。

"あえて普通に"派
・チョコは無難なものにして、ラッピングで特別感を出す。凝ったものつくると逆にひかれそうだから。 女性20代

・あえてチョコクッキーなど、シンプルなものを作ってあげる。ラッピングはカバンに入る、邪魔にならないサイズに。女性20代

"あなたの好み知ってるのよアピール"派
・お酒を好むので、ビターなものを選ぶ。好きなウイスキーも一緒に渡す。 女性20代
・手作りならではの、その人に向けた味や見た目にする。男性20代

"こっそりさりげなく"派
・見せびらかさず、さりげなく渡すか椅子の上など目につかないところに置く。 女性30代
・デスクにこっそり置く。 女性40代

サプライズ派
・「今年はチョコなしね」と伝え、チョコとビールを用意しておいて夕食後にサプライズでプレゼントする。 女性20代

みなさん、意外と地味ですね...。成功の秘訣は"派手さ"ではなく、カレの性格や好みに合わせた演出や渡し方ということでしょうか。あとは実行あるのみ。Good Luck!