春。コンバースはハイカット。足もとから素肌始める

写真拡大

@fashionpic1224が投稿した写真 -

ショッピングは、もはやオンラインでするのが当たり前。

定番。だからこそ、自分らしく身につけられる――。

そんなアイテムの代名詞ともいえるのが、コンバースのオールスターです。どんなコーディネートにも不思議と馴染んでくれる、普遍的な魅力。

それなのに、数ある色や柄は、何を選ぶかで全然違う顔を見せてくれるから、おもしろい。

さあ、今日はどのコンバースを履こう。

春を意識したスタイルに移行するいま、選びたいのはハイカットです。

ハイカットで足もとに素肌感。春がやって来る

ほんの少し、足もとに素肌感を出す。それだけで一気に春っぽさが上昇します。

ハイカットのフォルムで分厚いソックスを隠せるから、足もとは暖かなままで、ほどよくヌーディ。

コンバースならどんなテイストにも調和して、軽やかな魅力を発揮します。

ど定番、履きまわし自在。ホワイト

IENA / 6,264円(税込)

赤&ネイビーのソールラインに、ホワイト。定番中の定番は、シューズクローゼットに一足は持っておきたいモデルです。

ワンピースやスカートを着たフェミニンスタイルの日に合わせても、バランスよくハズシを効かせられます。

>>このコンバースが欲しい

やさしく、やんちゃに。グレー

20170126_zozo02.jpg

CONVERSE / 9,936円(税込)

「MAISON DE REEFUR」の別注モデル。

オールホワイトのヒールラベル、ホワイト×グレーのアンクルパッチを採用し、通常配色が施されるラインテープ部分もホワイトにアレンジ。

厚みのあるカップインソールでフィット感のある履き心地です。

>>このコンバースが欲しい

引き締めるならやっぱり。ブラック

20170126_zozo03.jpg

CONVERSE / 12,960円(税込)

ヒールパッチの下部分に施された「MADE IN JAPAN」の印字が特別感のある一足。

さらに、ホワイトのキャンバスに赤字で印されたインソールのコンバースロゴは、日本の国旗をイメージした日本独自ライン。さりげないこだわりが詰まっています。

>>このコンバースが欲しい

スパイシーでフォトジェニック。シルバー

20170126_zozo04.jpg

CONVERSE / 8,100円(税込)

サブテーマは「アストロノート」。宇宙飛行士が1960年代当時に着用していたシルバーの宇宙服がモチーフとなっています。

アッパーのシルバー素材と、プラグをイメージしたブルーの第一ハトメとレッドの通気ハトメがポイント。シンプルスタイルのスパイスに、ぴったりです。

>>このコンバースが欲しい

コンバースのマルチな活躍ぶりは、ハイカットってバランス感が難しいから...と、いままで手を出さなかったことを後悔するほど。

この春は、いろいろなパンツやスカートと合わせて、たくさんの表情を引き出したくなります。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・素足に黒ローファー。足もとから春へスライドする

・美人がやってる朝の習慣 #sponsored

・足首細くなれ。仕事中も寝る前もグルグルピーン