25日、旧正月の特別番組に引っ張りだことなっている中国の有名アスリートたちだが、人気タレントをはるかにしのぐ高額出演料が報じられる選手も出現している。

写真拡大

2017年1月25日、旧正月(春節)の特別番組に引っ張りだことなっている中国の有名アスリートたちだが、人気タレントをはるかにしのぐ高額出演料が報じられる選手も出現している。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

旧正月を目前に控え、テレビ各局が旧大みそかに視聴率を競い合うスペシャル番組の中身が話題だ。昨年はリオ五輪が開催されたことで、注目アスリートが次々に誕生。こういったアスリートたちの番組出演料がバラエティータレントをしのぐ勢いを見せている。

中国のアスリートもひと昔前とは違い、高いトーク力や独自の個性を発揮する人が続出している。リオ五輪で試合後のインタビューで驚きの天然ぶりを見せ、世界的な話題になったのが女子競泳の傅園慧(フー・ユエンホイ)。彼女の場合、1回の出演料が100万元(約1600万円)前後となっている。男子卓球で団体金メダルを獲得し、女性人気の高い張継科(ジャン・ジーカー)も同160万元(約2600万円)と驚きの高値となっている。

昨年、夫人の第一子妊娠中にもかかわらず、女性タレントと関係を持ったことが発覚し、「ゲス不倫」騒動を巻き起こしたのが、バドミントンのスター選手の林丹(リン・ダン)。この話題性も手伝ってか、出演料は同200万元(約3100万円)とうなぎ上り。このほか、10年ぶりに中国から誕生したNBA選手の易建聯(イー・ジエンリエン)、リオ五輪後に引退を発表した「飛び込み女王」呉敏霞(ウー・ミンシャー)らが、各局から引っ張りだこの人気を見せている。(翻訳・編集/Mathilda)