ノートPCにビデオカードが増設できる外付けケースPowerColor「Devil Box」が販売中

写真拡大

ノートPCや小型PCにビデオカードが増設できる、外付けケース「Devil Box」が、PowerColorから発売中だ。



「Devil Box」は、PCI Express x16接続のビデオカードが搭載できる、Thunderbolt 3接続の外付けケース。

搭載可能なビデオカードはAMD RadeonシリーズとNVIDIA GeForceシリーズで、2スロット厚(カードサイズ310×140×50mmまで)/消費電力375Wまでのモデルに対応する。

主な仕様は、本体サイズが400×172×242mm。拡張スロットはPCI Express x16×1。補助電源端子が6ピン/8ピン×2。搭載電源は500W。内部には2.5インチシャドウベイも1基備えており、SATA SSD/HDDが搭載できるほか、背面にはギガビットLAN×1、USB 3.0×4(うちType-C×1)も搭載する。冷却ファンとして、120mmファン×と92mm×1を搭載する。対応OSはWindows 10 64bit。付属品は、ケース本体用電源ケーブル、Thunderbolt 3(USB Type-C)ケーブルなど。

価格は、下記のとおり。

PowerColor「Devil Box」
58,980円(税込):パソコンショップ アーク
59,380円(税込):ドスパラパーツ館


>> ノートPCにビデオカードが増設できる外付けケースPowerColor「Devil Box」が販売中 の元記事はこちら