過ぎてからじゃ遅いよ…!恋のチャンスを逃さない方法

写真拡大



よく「チャンスの神様は前髪しかない」と言いますよね。それは恋も同じです。

せっかくいい人がいても、「どうしようかな……」と声をかけるのを迷っていては、仲良くなるのが遅くなってしまいますし、その間に彼に気になる人ができてしまうかも……?

そこで今回は、恋のチャンスを逃さない女性になる方法をご紹介します。

■1.自分に合った出会い方を把握する

「効率よく出会いを求めるってことかなあ。私は人見知りだから、初対面の人と面と向かって交流するよりも、いい人にはLINEで距離を縮めるようにしています」(24歳/女性/IT)

付き合うなら、若いうちからしっかりと関係を作って長い付き合いを続けたい人が多いかと思います。となると、早いうちから恋のチャンスを逃さないためには、とにかく出会いの場数を増やすことが大事になってきそうです。場数が増えれば、自分が「いいな」と思える人との出会いも得られやすいはずですからね。

そのときに意識したいのが、自分に合った出会い方を意識することです。話すことが得意なら合コン、街コンで。メッセージ上のやり取りが得意ならネットの出会い、友達の紹介でなど。自分が得意だと思うやり方で相手にアプローチできると、出会いの成功率は高まりやすいでしょう。

■2.ポジティブ思考を大事にできる

「素敵だなって思う人って、やっぱりポジティブですよ。暗い人を素敵だなって思う人は少ないと思います」(24歳/男性/販売)

恋のチャンスを増やすには、自分が異性から見て「素敵な人」になる必要があります。そのために、ポジティブになることが欠かせません。話していて楽しい気持ちになれる人なら、自然と興味を抱きますし、異性としてもお近づきになりたいと思うものだからです。

また、ポジティブ思考が身に付くことで、自分に自信がつき、積極的になります。声をかけられた男性はあなたからのアプローチに心を動かされ、仲良くなりたい気持ちが強くなると思います。

■3.自分の気持ちに素直である

「自分を卑下しないで、かといって背伸びもしないで、等身大で恋をする。それが一番無理がないし、自然に恋ができるから」(23歳/女性/大学院生)

いい人が現れたとき、つい自分をかわいく見せようとしたり、自分のだらしない姿を極力見せないようにする女性って多いのでは?好きな人に、少しでもよく見られたいと思うのは、自然なことです。でも、猫を被った状態では、いつかボロが出てしまいます。

自分に自信が持てないことがあるなら、タイミングを見計らって彼に伝えましょう。それで彼が離れていくなら、それまでの縁ということです。等身大の自分で恋をしようと思う女性は、下手に高望みをしないため、いい出会いがやって来やすいです。

■4.人からの誘いを断らない

「出会いはどこに転がっているか分からないから」(21歳/女性/大学生)

友達や知り合いから「◯◯行かない?」と誘われたら、行けない用事がない限り、顔を出しましょう。人の縁は、人の出会いから作られていきます。

直接異性との出会いがなくても、友達がいい人を紹介してくれるかもしれませんし、友達の話で恋愛観が変わるかもしれません。出会いの数だけ、恋するチャンスは高まると考えて、人の縁を大切にしてみてください。

■おわりに

いい恋はあなたの意思とタイミングで作られます。すべて実践できたなら、もはや恋のチャンスの神様を手に入れたのも当然ですよ。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)