▽2017 Jリーグアジアチャレンジ インターリーグカップ、26日にラジャマンガラ・スタジアムで行われたバンコク・ユナイテッド(タイ)vs鹿島アントラーズは、4-3でバンコク・ユナイテッドが勝利した。

▽バンコク・ユナイテッドと激突する鹿島は、1戦目のスパンブリーFC戦と同様にGKは川俣、ディフェンスラインにはブエノ、植田、梅鉢、そして今年の選手権で活躍した東福岡からの新加入DF小田逸稀が名を連ね、中盤には遠藤、小笠原、レオ・シルバ、中村、ツートップに土居、金崎といった主力を先発に起用した。

▽[4-4-2]の布陣で挑んだ鹿島は5分、金崎とのパス交換から小田がクロスを供給。これに土居が飛び込むも、合わせることができず。

▽立ち上がりから積極的に相手陣内に攻め込む鹿島だが、一瞬の隙を突かれる。10分、ロングボールからボスコビッチに裏を取られると、ボックス内でブエノがたまらずファール。このPKをボスコビッチに決められ、鹿島は早くも失点してしまう。さらに鹿島は27分、ボックス手前のボスコビッチにミドルシュートを突き刺され、追加点を奪われてしまう。

▽反撃に出たい鹿島だが、パスワークがかみ合わず、相手ディフェンスを崩し切れない。すると33分、バンコク・Uにボックス手前からのFKを与えてしまう。デュロブスキのクロスを梅鉢が頭でクリアを試みるも、無情にもゴールに吸い込まれ、3点目を献上。さらに37分にも、ボックス内中央へのスルーパスからボスコビッチに流し込まれ、ハットトリックとなる4点目を許してしまう。

▽まずは1点を返したい鹿島は42分、ボックス手前で受けた金崎がワントラップでボックス内に侵入すると、GKに倒されPKを獲得。これを金崎がきっちりと左に沈め、4-1で試合を折り返す。

▽3点ビハインドを強いられる鹿島は48分、ボックス右に流れた金崎の落としを後半から投入された伊東がクロス。これがファーサイドに抜けると、レアンドロが右足で流し込み、2点差に縮める。

▽伊東の投入で右サイドが活性化した鹿島は53分にも、ボックス右に駆け上がった伊東のクロスから金崎が中央フリーで合わせるも、ミートせず。

▽73分にはボックス右手前から三竿雄が直接狙うも、GKのキャッチに阻まれる。さらに74分、レアンドロがボックス右手前からループシュートを放つも、GKのファインセーブに遭う。

▽2点を追う鹿島は90分、ボックス手前でFKを獲得する。これをレオ・シルバが左隅に突き刺し、1点差に迫るも、反撃はここまで。ボスコビッチにハットトリックを決められるなど前半の大量4失点が響き、鹿島は敗北を喫した。

バンコク・ユナイテッド 4-3 鹿島アントラーズ

【バンコク・ユナイテッド】

ボスコビッチ(10、27、37)

OG(35)

【鹿島アントラーズ】

金崎夢生(42)

レアンドロ(48)

レオ・シルバ(90)