35歳の誕生日を迎えた綾野剛

写真拡大

 俳優の綾野剛が1月26日、主演映画「新宿スワンII」の大ヒットイベントを東京・TOHOシネマズ新宿で行った。今月21日に封切られ、公開2日間で興収1億6000万円余の好スタート。綾野は、「(演じた)白鳥龍彦が皆に愛されて、自分だけのものじゃなくなった。かなうなら、最終章(第3作)をやって最後まで突き抜けたい」とさらなるシリーズ化に意欲を見せた。

 この日は35歳の誕生日で、前夜は山田孝之ら親友が前祝いをしてくれたそうで、「今日、舞台挨拶あるって言っているのに、さんざん追いかけまわされた。孝之はけっこう飲んでいたけれど、僕は抑えましたよ。でも、楽しかったなあ」と満面の笑み。客席からも「おめでとう」の声がしきりに上がり、「誕生日はお祝いされるものじゃなく、こちらからお礼を言う日だと思っている。今日、ここに立っていられるのも皆さんのおかげ。感謝します」と頭を下げると、盛大な拍手が沸き起こった。

 さらに所属事務所の後輩で、同館で主演映画「君と100回目の恋」のイベントがあったmiwaと坂口健太郎が祝福のためサプライズで登場。龍彦をデザインした巨大ケーキも贈り、miwaは「私のライブで、サプライズでビデオメッセージを送ってくれたので、サプライズ返しができました」、坂口も「自分を奮い立たせてくれる、偉大な先輩です」と称えた。

 全く知らされていなかった綾野は、「めっちゃ、うれしいけれど、何で言わなかったの?」とあ然。それでも、「miwaの歌は聞くとざんげしたくなる。健太郎も格好いいよね。俺、こういうの弱いんだよ。2人をますます好きになっちゃいそう」と感激に声を詰まらせた。

 35歳の初日をファンとともに過ごし、「ありがとうの言葉に尽きる」としみじみ語った綾野。そして、「昔は自分のために何ができるかということを考えていたが、ここ数年は自分じゃない誰かのためでないと頑張れなくなった。心からファンのためと自信を持って言えるし、関わった人を皆幸せにしたい」と決意を新たにしていた。