「恋愛を成就させるにはちょっとした駆け引きテクが必要」なんて言いますよね。でもよかれと思ってやった駆け引きが、かえって裏目に出てしまう場合も。
そこで今回は「これはやっちゃいけない駆け引きテク」についてリサーチしてみました。

ほかの男性の存在をほのめかす

できることなら彼のほうから告白してきてもらいたいですよね。でも彼を焦らせたいからといって、わざとほかの男性の影をチラつかせるのはよくないかも……。

「デート中の女性から『私ほかの男性からアプローチを受けてて……』と言われたときはテンション下がった。俺はその子としか遊んでいないのに、いつの間にほかの男と会ってたんだろうって思っちゃいました」(27歳/男性/営業)

これじゃあ彼から「そっちの男と付き合えば?」と冷たくあしらわれてしまいそう。それに「俺のことはたいして好きじゃないんだな……」と彼に勘違いされてしまう可能性も。こちらはかなりリスクが高い駆け引きなので、やめておいたほうがよさそうです。

LINEの返信をじらす

メールとは違い、テンポが重要になってくるのがLINE。彼からスタンプがポンと送られてきた時に「もう少し焦らそう……」なんて考えていると、彼の気持ちと噛み合わなくなってしまうことも。

「既読スルーされていると、俺とのLINEが面倒くさいのかなって思っちゃう」(26歳/男性/アパレル)

「LINEの返信をじらし続けていたら、彼から返事がこなくなってしまった……」(24歳/女性/銀行)

せっかく彼から連絡がきたのに、話が続かなくなってしまったら意味がありませんよね。その場の状況に応じて、臨機応変に返信するようにしましょう。

彼からのお誘いを毎回断る

彼だって「デートのお誘いOKしてもらえるかな……」と内心ドキドキしているはず。それなのに毎回誘いを断られ続けていたら、心が折れてしまうでしょう。

「暇な女だと思われるのも嫌だったので『その日は予定があって……』などと言って彼からのお誘いを断っていた。そしたらいつの間にか彼に恋人ができていました……」(25歳/女性/公務員)

「忙しい」など変な見栄をはったりせず、ここは素直に彼のお誘いに乗ってみましょう。わかりやすい女性のほうが、彼からもかわいいと思ってもらえるはずですよ。

勢いで甘える

普段からちょっとずつ甘えたり、彼を頼るのはいいでしょう。でもお酒を飲んだ勢いなどで彼に甘えるのはやめたほうがいいかも……。

「酔っぱらった勢いで気になる彼に甘えてみたんです。そしたらそのまま一夜だけの関係に……。本当にショックでした」(27歳/女性/一般事務)

「この子って意外と軽い女なんだ」と彼にいいように使われてしまう可能性も。付き合う前は、ある程度の距離感を保ったほうが、興味を持ってもらえるはずですよ。

彼の気を引くための駆け引きが、かえってふたりの関係を壊してしまうことも多々あるようです。自分の気持ちに正直に行動したほうが、きっと彼の心にも響くはずですよ。