先日、横浜で開催されたカービュー(みんカラ)主催の試乗イベント「日産NOTE e-POWER SPECIAL TEST DRIVE 」に参加することができました。そこでパンダトレノに続く「等身大インプレ第4弾」は、試乗会のプレゼン等を交えて日産ノートe-POWERを紹介したいと思います。

試乗会の冒頭、日産のマーケティング部門と開発部門の方、そして自動車評論家の河口まなぶさんから、ノートe-POWERについてプレゼンテーションがありました。ポイントは、次の5つです。

1

1.電気自動車リーフは2012年に発売後、世界累計販売が20万台超えを達成した。リーフは世界一販売台数の多いEVであり、日産はEVのリーディングカンパニーになった。

2.ノートe-POWERでは、リーフの強みである「レスポンスの良さ」や「滑らかな力強い走り」を最大限織り込むとともに、リーフの弱点である「航続距離の短さ」や「充電の不便さ」を克服すべく、3つの新発想をコンセプトにして開発した。

3.新発想の1つめは「モーターだけで走る」こと。ガソリンエンジンで動くハイブリッドでありながら、駆動全域で電動車の力強くレスポンスに優れた走りを実現した。

4.新発想2つめは、「タイヤと繋がらないエンジン」。エンジンを発電専用とすることで徹底的に効率を高め、「長い航続距離」と「ハイブリッド燃費No.1」を実現した。(効率が良すぎて発熱しないため、冬は暖房でエンジンがかかる場合がある)

5.新発想3つめは「アクセルで止まる」で、アクセルオフの加減だけで、減速から停止まで行なうワンペダルドライブを採用。これによりブレーキ操作を約7割も減らすことができた。

続いて開発とマーケティング部門の方にも、いろいろ話を伺いました。

Q:ノートがプリウスやアクアを抜いて、販売トップになりましたネ。正直日産としては、久々の国内一位では?

A:11月は1位、12月は僅差で2位でした。マイナーチェンジながらも、ノートe-POWERが市場に受け入れられて本当に嬉しいです。

Q:ノートの狭いエンジンルームに、エンジン、駆動モーター、発電モーター、インバーターの4ユニットを搭載しているのだから凄い!

A:ノートの室内や荷室は、絶対に犠牲にしたくなかった。ただパワーユニットを搭載するのは本当に大変で、社内でもよくぞ納めたと言われました。リーフで長年培ったEV技術があればこそ、実現できたと思います。

Q:せっかくの新技術なのに、ノートのマイナーチェンジでの搭載では、正直もったいなかったかも?全くのニューモデルは、検討しなかったのですか?

A:社内でもいろいろな議論がありました。ただ、完成度の高い既存のボディを活用したからこそ、これだけ凝ったメカを搭載しても、ライバル他車と真っ向勝負できるリーズナブルな値付けができたと思っています。

Q:先ほどのプレゼンで、箱根ターンパイクの下りでの運転映像がありました。ワンペダルドライブのアクセル操作だけで降りてこられるのは凄い! ちなみに上りだと、フルパワーはどれくらい続きますか?

A:さすがにターンパイクの上りだと、2つある緊急避難所の間くらいでバッテリーを使い切ってしまいます。このクルマのモーター容量は「駆動用>発電用」なので、その後はエンジンの発電分だけで走るようになります。でも街中や郊外では、駆動モーターのパワーを充分お楽しみいただけます。

Q:「すべて本(新型ノートe-POWERのすべて)」で読みましたが、駆動モーターはリーフ用なのに、駆動バッテリーが別物というのは?

A:EVとは異なり、ハイブリッドでは素早い電気の出し入れが求められるので、ノートe-POWERでは特性に合ったバッテリーを搭載しました。

Q:エンジンやモーター、バッテリーの容量を変えると、e-POWERの特性はどうなりますか?

A:今回は、コンパクトカーのノートでリーフの駆動モーターを使いこなすために、こういうバランスになりました。詳しくは言えませんが、開発ではあらゆる容量の組合せを試しましたし、様々な可能性を見出すことができたと思っています。

試乗前のプレゼンと質疑を通じて、ノートe-POWERは3つの新発想をコンセプトに、EVが持つメリットの最大化と弱点の克服を目指して開発されたことが良く理解できました。

ここ数年日産は、国内への新車投入を絞りに絞っていましたが、今回日産の社員の皆さんにいろいろ話を伺って、ハートが真っ赤に燃えていることも強く感じました。社員の皆さんには「私たちクルマ好きは、こういう独創的な日産車を待ち望んでいた!」と力説してきましたヨ!

次は、モードプレミアの試乗に続きます。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】
日産NOTE e-POWER SPECIAL TEST DRIVE
http://minkara.carview.co.jp/event/2017/note-blog/

【関連記事】

アクアを抜いてクラス燃費1位。新型ノートe-POWERは100%モーター駆動が魅力!
http://clicccar.com/2016/11/20/418640/

燃料はガソリンなのに100%電動!新型ノートe-POWERはエネルギッシュなデザインとスマートな走りを両立!
http://clicccar.com/2016/11/23/419062/

新型ノートのVモーショングリルは、e-POWERのための国内限定デザイン!
http://clicccar.com/2016/11/24/419072/

新型ノートe-POWERは、ガソリン車と同じ室内空間を実現!
http://clicccar.com/2016/12/02/421278/

駆動もブレーキも…新型ノートe-POWERは「逆転の発想」でできている!
http://clicccar.com/2016/12/05/422260/

日産ノートe-POWERが目指すEVの弱点を克服する「3つの新発想」とは?【等身大インプレ】(http://clicccar.com/2017/01/26/440032/)