大分に秘密兵器投入か

写真拡大

 大分トリニータは26日、アドボードスポンサーである株式会社豊和銀行からサッカーマシンを贈呈されたことを発表した。

 クラブによると、このサッカーマシンは地元企業の有限会社ニッシンエスピーエムが開発。ドライブ、カーブ、ブレ球などのあらゆるボールの軌道を再現でき、CKやFKなどのセットプレーやフォーメーションの練習、GKのキャッチングの練習、トラップからシュートの練習に活用できるという。

 贈呈した頭取の権藤氏はクラブ公式サイトを通じ、「J2でしっかり足元を固め、J1復帰などさらなる上を目指して頑張ってください」と激励。大分を率いる片野坂知宏監督も「一つでも上を目指して練習し、厳しいJ2をしっかり戦い抜きます」とそれに応えた。


●2017シーズン新体制&背番号一覧