写真提供:マイナビニュース

写真拡大

STマイクロエレクトロニクス(ST)は1月26日、コネクテッド・ドライビング・サービスに最適化したプロセッサ「Telemaco3」を発表した。

Telemaco3は、テレマティクス・プロセッサ、セキュアな車載通信、およびサウンド拡張機能を1チップに統合。一般的なアプリケーション・プロセッサや、CPU(中央処理装置)を統合したGSMモデム製品と異なり、テレマティクス・アプリケーションに特化しており、通信方式(2G、3G、4G)を選択できる。また、ハードウェア処理による暗号化アクセラレータと、拡張された通信機能(ギガビット・イーサネット対応、Wi-Fiモジュールを車内ホットスポットとして使用するオプション)により、車載ネットワーク用のセキュアなインタフェースを強化している。

Telemaco3ファミリは、STA1175、STA1185およびSTA1195で構成され、CANインタフェースの数やDSPサブシステムのオプションなどを選択可能。同ファミリは現在サンプル出荷中で、2017年12月に量産を開始する予定。

(神山翔)