彼氏とケンカをしてしまったときや、間違った行動を取ってしまったときなどに、大事になってくるのは謝り方です。

変な謝り方をしてしまうと、許すどころか彼氏がさらに腹を立ててしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、彼氏を怒らせてしまうダメな「謝り方」を紹介します。

 

■かなり「軽い感じ」で謝る

とても重々しく、心から反省をしているかのように謝る必要はないですが、かといって、あまりにも軽すぎると、全く反省の気持ちは伝わってきません。それでは彼氏も、到底許そうなんて思うことはできないでしょう。

「ごめんごめん」とか「悪かったね」なんて適当に言われたら、彼氏は馬鹿にされたかのような気分にもなるでしょう。「まだケンカ売っているのか?」と誤解を招いてしまう恐れもあるので、反省の色はちゃんと見せないとダメですよ。

 

■「悪いと思っていない」ことが伝わる

あくまでも形式上で謝っているという姿勢を見せているだけ。これは逆に彼氏を怒らせてしまうだけです。「悪いと思っていない」ことが伝わってしまうので、「だったら謝罪なんかしてくるなよ」と彼氏も思わずにはいられないでしょう。

「とりあえず謝っておく」という気持ちは、相手には伝わってしまいやすいもの。もしも本当に悪いと思っていないのであれば、そのことを彼氏に伝えてちゃんと話し合った方がいいでしょう。形だけの謝罪はふたりの関係をさらに悪化させてしまう可能性の方が高いですよ。

 

■謝りながら「反論」が多い

謝ってはいるものの、たくさん反論を付け加えられると、「本当に謝る気があるのかな?」と感じずにはいられません。反論してはいけないわけではないですが、反論ばかりになると、彼氏の怒りにも再び火がついてしまうでしょう。

「さっきはごめんね。でもね……」とか「私も悪かったけどさ……」などと、謝罪の後の反論や言い訳が多くなると、彼氏は間違いなくうんざりしてしまいます。素直に「ごめんね」と言った方が、彼氏も「俺も言いすぎたよ」と折れてくれやすいはずですよ。

 

■「キレながら」謝ってくる

ケンカをした後などによくありがちなのが、怒りながら謝ってしまうこと。怒りが簡単にはおさまらないのかもしれませんが、「どうせ私が悪いんでしょ」といった謝り方では、彼氏も全く納得などできないでしょう。

キレながら投げやりな謝罪をされても、謝られている気にはなれないですし、むしろまだケンカを吹っかけられているように感じてしまうだけ。怒りがおさまるように、まずは一旦心を落ち着けることを心がけないと、いつまでもケンカも終わりを迎えられませんよ。

 

嫌な謝り方をしてしまうと、彼氏の怒りはさらに増してしまいます。それでは絶対に許してなどもらえないですし、人間性だって疑われてしまいかねないので、素直にちゃんと謝ることがとても大事なことですよ。

【画像】

※ Studio KIWI/shutterstock

【関連記事】

※ こりゃきついッ…男が「正直しんどい」と感じるエッチなお願い

※ うますぎるって…!男を骨抜きにする「キス」の究極テク

※ 男が「好きな女だけに仕掛ける」可愛いイタズラ3つ

※ マジで萎えるわ…!男子が「エッチ中」に思わず幻滅する行動Top5

※ ウホッ…!男が大興奮するエッチ中の「うぶっぽい仕草」4つ