Doctors Me(ドクターズミー)- 入浴中に熱中症になることも…冬の時期に危険な4つのお風呂の入り方

写真拡大 (全6枚)

寒い冬だからこそ、熱いお風呂に長く浸かって一日の疲れをとりたい、そんな風に考える方も多いと思います。

しかし、冬の入浴にはのぼせや熱中症の危険性があることをご存知でしたか?

そこで今回は、冬だからこそやってしまう危険なお風呂の入り方と、冬の正しいお風呂の入り方について、詳しく医師に解説していただきました。

冬の時期に危険なお風呂の入り方


脱衣場や廊下などを寒いままにしておく


浴室やお湯の温度と、脱衣場、廊下といった入浴前後に出入りする場所の温度差があまりにも激しいと、心臓や血管などに強い負荷がかかります。

熱いお風呂に長時間入ること


体温が入浴によって上昇することで、全身の血液循環が良くなり、脳に血液が多く流入して、頭に血が上った状態になるので、のぼせが現れたり、脱水を起こすことがあります。

お風呂で居眠りをする


長時間湯船につかることで、身体からどんどん水分が出て深刻な脱水を起こしたり、溺水の可能性もあるなど、たくさんの危険が伴う非常に危ない入浴です。

入浴後、いきなり立ち上がること


しばらく入浴したのち、どこにもつかまらずいきなり立ち上がると、ふらついたりして危険なことがあります。

必ず脱衣場や廊下などもヒーターなどで温めてから入浴しましょう。

湯船で起きる熱中症について


原因


入浴によって四肢などの血管が拡張することにより、血圧の低下が起こります。

結果、脳に血液が少なくなり、意識がぼーっとして自分の身体が熱くなって、水分なども失われていくのを十分に感知できないことが原因と考えられています。

症状


意識がもうろうとする、めまいがする、頻脈になる、重篤な場合は意識を喪失する場合もあります。

対処法


お風呂から上がり、身体を冷やし、十分な水分、電解質補給を行うことがポイントになります。

お風呂から上がった後の湯ざめに注意


湯ざめとは


湯冷めとは、本来体が温まっているはずの入浴後に体の冷えや、寒さなどを感じる状態を指します。

湯ざめによって引き起こる症状・危険性


入浴によって開いた体表の血管からどんどん熱が奪われてしまい、寒さを感じるほかに、頭痛がしたり、嘔気を感じることもあります。

湯ざめを防止する方法


脱衣場や居間など、入浴後にいる部屋をあらかじめしっかり暖めておくことです。

また入浴後は、すぐに吸水性の良い乾いたタオルでしっかり体の水分をふき取ることも大切です。

医師が考える適切な冬のお風呂の入り方


■ 脱衣場や廊下などはしっかり温めてから入る

■ 水分を十分補給してから入る

■ 高齢の方や基礎疾患のある方は、家族の方の在宅時など人目のある時に入浴する

■ 熱いお湯、長湯はしないようにする

最後に医師から一言


冬場の入浴は身体が温まって非常に気持ちの良いものですが、落とし穴もたくさんあります。

思わぬ事故につながらないよう、十分注意して入浴しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)