26日、中国の掲示板サイトに、世界各国の平均睡眠時間について討論するスレッドが立った。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年1月26日、中国の掲示板サイトに、世界各国の平均睡眠時間について討論するスレッドが立った。

スレ主は、ロシアメディアの報道を引用した中国メディアの記事を紹介し、世界各国の平均睡眠時間は、アルゼンチンが最も長く、日本が最も短かったと伝えた。

記事によると、この調査は2006年から2012年までの間に世界645の都市住民を対象に行われた。この結果、中国人は平均で夜10時38分に寝て朝7時04分に起き、睡眠時間は8.66時間になる。一方、最も睡眠時間が短かったのが日本人で平均7.27時間、最も長かったのはアルゼンチン人で平均10.26時間、次に多かったのがスペイン人で9.96時間だった。

この結果に対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これはとても信じられないのだが」
「日本人の睡眠時間が短いというのは分かるが、中国人の8.66時間は信じられない」

「日本人は高齢者の割合が高いことが1つの要因だと思う」
「この調査には高校生や大学生、それにIT企業の従業員は含まれていないのだろう」

「若い時はよく寝たが、仕事をするようになってからは睡眠時間が減った」
「俺は1日6〜7時間寝られたらとてもうれしいのに、どこから来たデータなんだ?」

「睡眠時間が長いことは睡眠の質が良いことと同じではない」
「アルゼンチンとスペインの睡眠時間は信じられる。この2つの国の生活は極めてゆったりしている」(翻訳・編集/山中)