写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は26日、軽乗用車「デイズ」の一部仕様を向上して発売した。今回は、ターボグレードにクルーズコントロールを標準装備したほか、日産オリジナルナビ取付パッケージを全グレードに標準化し、購入しやすい価格設定としている。

クルーズコントロールは、車速約40〜100km/hの範囲内ならアクセルペダルから足を離して一定の速度で走行できる機能で、高速道路などでドライバーのアクセルペダル操作の負担を軽減する。日産オリジナルナビ取付パッケージは、ステアリングスイッチやGPSアンテナなどがセットとなっている。

また、新色として「プレミアムサンシャインオレンジ」と「ブロッサムピンク」を追加し、幅広いカラーバリエーションを用意した。インテリアに関しては、細い缶にも対応できるカップホルダーを採用することで使い勝手を向上させている。日産「デイズ」の価格は114万480〜161万6,760円(税込)。4WDの「ハイウェイスター G ターボ」を除く全グレードがエコカー減税の対象となり、自動車取得税と自動車重量税が減税となる。

日産自動車の関連会社、オーテックジャパンも、日産「デイズ」の一部仕様向上に合わせてカスタムカー「ボレロ」「ライダー」および「助手席回転シート」「助手席スライドアップシート」の一部仕様を向上し、1月26日から販売開始している。

(木下健児)