ママ友は本当に必要?マイペースな人向け「ママ友」との上手な付き合い方

写真拡大

【相談者:20代女性】
今年結婚が決まっていて、結婚後はすぐに子どもが欲しいと思っています。

その気持ちは代わりないのですが、最近子どもを産んだ後にママ友を作ることにすごく不安を感じています。
周りではママ友とのトラブルなんかも聞きますし、人付き合いが上手な方ではないので、ママ友がうまく作れなかったらどうしようと悩んでしまっています。

●ママ友作りは必ずしも必要じゃない。思い込みは捨てて、自分のペースで付き合いを

初めまして!オンナのお悩み専門ライターのコマツです。
結婚後のトラブルといえば嫁姑問題やご近所トラブルが定番でしたが、最近ではそれらと同じくママ友トラブルも避けられない問題の一つとなりつつあります。

気の合うママ友は欲しいけれど、トラブルになるくらいだったらママ友なんかいらない。
でも、ママ友が居ないと地域で仲間外れになってしまうかも……と頭を悩ませているママも多いものです。

そこで今回は「ママ友は本当に必要なのか」に焦点を当て、実際にママ友付き合いを行なっているママたちの声をご紹介したいと思います。

●ママ友付き合い……ポジティブな意見とネガティブな意見は半分ずつ

ザグーリサーチが行なった「ママとの付き合い方に関する調査」によれば、「ママとの関係構築に不安を感じますか?」という質問では「はい」が49% となりました。
質問者さんと同じようにママ友との関係に不安を感じている人が約半数いる結果ですね。

具体的な理由については「所詮ママ友。元々の信頼感がある関係でないので距離感がわからない」や「友達とは違うので常に気を使いそう」など、ネガティブな意見が多いよう。

また「子ども同士でトラブルになると親同士の関係もこじれてしまう」などの不安や、「子どもの怪我を自分の子どものせいにされてしまったらどうしよう」など、子ども同士のトラブルが親同士の問題に発展するなどに懸念する声も。

しかし悪いことだけではありません。
今回の質問で「いいえ」と答えたママは51% となり、わずかですがママ友を作ることに対し不安を感じていない人が多いことがわかります。
「子どもを通じた関係なので深入りしすぎないでいい」や「気があう人とだけ付き合えばいい」などマイペースな付き合いを心がけている人もいるようです。

●ママ友は必ずしも必要ではない! 「いればいい」くらいの感覚で

テレビや雑誌で頻繁に取り上げられるママ友トラブル。

ネガティブなイメージばかりクローズアップさるため、必要以上に“ママ友”に恐れを抱いてしまう人もいます。

ママ友作りをまるで義務 のように感じてしまったり、ママ友がいないとママ失格 だなんて思い込んでしまう人もいるものです。
SNSの影響もあり、周りがママ友と仲良くしている姿を見ると必要以上に不安になってしまう人もいるでしょう。

子どもの頃であればクラスという小さなコミュニティの中でしか友達を作れなかったものですが……。
大人になった今、私たちは仕事や家庭、地元の友人や気の合う仲間など、ママ友以外のたくさんのコミュニティに属しています。

たとえご近所にママ友が居なくても、それが生活や人生に大きく影響するとは考えられません。
幼稚園や小学校、ご近所など、何かとグループを作って団結感を味わいたい人や何らかのグループに属していないと不安な人、いつもグループのリーダー格の後ろにくっついていないとダメな人もいます。

しかし、ママとなった今は小学生や中学生のように狭い世界ではないのですから、自分のペースで付き合いたい人とだけ付き合って 、気の合わない人とは軽く挨拶を交わす程度で充分なのです。