阿部 寛が映画の中に見つけたやさしさとは?:映画『恋妻家宮本(こいさいかみやもと)』

写真拡大

『家政婦のミタ』をはじめ、テレビドラマの世界に数々の旋風を巻き起こしてきた脚本家・遊川和彦が、初めてメガホンを取った映画『恋妻家宮本(こいさいかみやもと)』。この作品で、主演を務める阿部 寛に役作りの工夫や監督、共演者とのエピソード、そして作品に込められたイ笋気靴亨イ砲弔い童譴辰討發蕕辰拭

―宮本陽平という役を演じるにあたって、役作りはどうされたんでしょうか?

役作りをあえてするよりも、遊川さんの演出に応えるほうがいいかなって思っていました。だから、自分では役作りはあんまり考えないようにしてましたね。現場でとりあえず演じて、それを遊川さんが演出するという感じ。遊川さんはもともと役者を目指されていたので、ご自分で目の前で演じて見せてくれるんですよ。それを見て、ああこういう感じでやってみようかな、と。余計なものを入れていかないでいきましたね。自分にはない芝居。だから、完成した映像を観て、こんな感じになるんだって思いました。僕がやると、遊川さんが演じていたのとはまた全然違うキャラになるんですよね。

―陽平を演じられてみて、自分との共通点はありましたか?

それが、あんまりないんだよね、じつを言うと(笑)。ただ、ないほうが自分でいろいろ想像してできるんですよ。表現としてどうなっているのかが、しっかり自分でもわかる。だから、お客さんに少しでも伝わるようにやれる。そういう意味でいうと、少し離れている役のほうがやりやすいんですよね。


(C) 2017「恋妻家宮本」製作委員会

―陽平はこれまで演じてこられた役とだいぶ違う印象を受けましたが?

自信がなく、いつも悩んでいる男っていうのは初めて演じました。いままでは、自信満々に生きている人間を演じることが多かったんです。監督の遊川さんからもイい泙泙埜たことのない阿部さんを作りたいイ噺世錣譴董K佑論爾低い印象があるから、声を低くしないでくれって演出されました。芝居をしている最中にもズ、低くなりましたイ辰特躇佞気譴燭蠅靴泙靴燭諭5せちが入るとやっぱり声が低くなっていっちゃう。そこが全部封じられた役でした。

―共演された天海祐希さんの印象を聞かせていただけますか?

天海さんは遊川組の現場の雰囲気をよく知ってらっしゃっていて、落ち着いた雰囲気でいましたね。撮影の合間には、肩を揉んでくれたりして(笑)。すごく上手で、結構揉んでもらいましたよ。あとは面と向かってちゃんとお芝居したのが初めてなんですけど、旦那を支える奥さんのしっかりした優しい目をしてるんですね。天海さんの目を見ていると自然に引きずり込まれていく。イ△△いぜ乃錣垢襪覆イ隼廚い覆ら演じていました。


(C) 2017「恋妻家宮本」製作委員会

―料理のシーンがありますが、ご自身でお料理はされるんですか?

全然やらないですよ。りんごの皮むきか、飯炊きぐらいしかできない。料理のシーンは撮影の何日か前に先生について、だいたいこんな感じという指導を受けてやりました。

―陽平は50歳という設定ですが、阿部さんにとって40代と50代では何か違いはありますか?

僕の場合は、30歳を過ぎてから仕事が順調になってきたから、もしかすると他の人とは10年ぐらいずれているのかもしれない。だけど、俳優として考えるのであれば、やっぱり50歳になるということは大きいですよ。演じられる役柄も減るし、いつまで仕事をしていられるかなって考えるようになる。あと、どのぐらい自分は仕事をしていけるかな、あと何本いい作品に出会えるのかなって。40歳前半の時期は、気持ち的には30歳のような感覚でいたのが、45歳を過ぎて、そういうことを思うようになりましたね。

―結婚について教えてください。結婚して男って変わりますか?

変わったかどうかは、自分では気づかないんじゃないですか。意外とわからないと思いますね。僕は43歳と結構遅くになってから結婚したんで、精神的にも仕事的にもある程度落ち着いちゃっていたんです。これがもし、20代とか30代前半に結婚していたら、たぶんいろんな障害が起きていたと思うんですよね。20代はいろいろあるじゃないですか。結婚が障害になって、夢を捨てなきゃいけないとか。僕は結婚した時、もうそういうのが落ち着いていたから、あんまり結婚で変わるとかは感じなかったです。

―今回は教師役ですが、阿部さんのなかで印象に残っている教師はいますか?

人気のある先生がいい先生じゃないよね。ただ。惹きつけるのが上手いだけの話。大人になってからわかるんだけど、イ△◆△△寮萓検不器用だったなイ辰討いΔ茲Δ福⊃裕い呂覆ても一生懸命見ていてくれた人のほうが、いま思い出すといい先生だと感じますよ。教師に不向きなんだろうなって先生のほうが、実際にいい先生なんだと思う。中学生の時、僕は結構ナイーブで、ちょっと心が荒れていた時期があったんですよ。そうしたらある先生がそれを感じてくれて、すごい心配してイ匹Δ靴燭鵑澄イ辰堂兇料阿乃磴い燭鵑世茲諭それが印象に残っていますね。イ海寮萓検∨楜い膿看曚靴討れたんだイ隼廚辰拭小学校の時もそうだった。塀の上を歩いたりとかあぶないことをやっていたんです。そしたら50歳か60歳近い先生が見ていてゲ燭笋辰討鵑澄イ辰董顔を真っ赤にして叩いたんです。涙を流しながら怒られたんですよ。イ△寮萓犬亘楜い世辰頗イ辰道匐,覆らに思いましたね。先生の涙ってインパクトがすごく強くて覚えているんだよね。本当に自分のことを考えてくれているかどうか、子供はそこを見抜いていると思いますね。


(C) 2017「恋妻家宮本」製作委員会

―ダ気靴気茲蝓△笋気靴気鴾イ箸いβ羯譴剖擦鬚弔れたそうですが、その台詞を語る時はどうでした?

いい台詞だな、いい言葉だなと思いましたね。ああ、そうかと。いつの間にか正しさって押しつけてしまう、人ってそういうもんだと思うんですよね。その大きなものが戦争だったりするわけじゃないですか。誰に対してもそうだし、仕事に対してもそう、人間はついつい正しいことを押しつける。でも、それをやさしさに変換したらどうなるのかな、と考えさせられました。だから、10行ぐらいの台詞の中のひと言だけど、これは強くていい台詞だなと思いましたね。

―どんな人にこの映画を観てほしいですか?

まずは夫婦。作品を観て、何が伝わってきたかを教えていただきたい。自分は演じている当事者だから、たぶん初めて見る人の何分の一かしかわからないんですよ。だから、どう感じるのかすごく興味があるんです。若い人はまだわからないかもしれないけど、この映画から何かわかるものを見つけて、どこかにしまっていて欲しいなと思います。僕らの年代を通り過ぎた人たちにとっては、また別の、さっきのやさしさの話じゃないけど、感じてくれるものがきっとあると思うんです。それを見つけてほしい。僕はあの台詞で、すごく大事なものをもらったような気がするんです。そんなふうに、いろいろなところが残ってくれるといいなと思います。


(C) 2017「恋妻家宮本」製作委員会

HIROSHI ABE
阿部 寛 1964年6月22日、神奈川県生まれ。87年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー。94年、『凶銃ルガーP08』で第4回日本映画プロフェッショナル大賞特別賞を受賞。2012年の『テルマエ・ロマエ』では、第36回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。現在ドラマや舞台、映画などジャンルを問わずに活躍中。2016年は『エヴェレスト 神々の山嶺』『海よりもまだ深く』『疾風ロンド』に出演。2018年には日中共同作品となるチェン・カイコー監督映画『空海-KU-KAI-』が公開予定。

『恋妻家宮本(こいさいかみやもと)』
監督/遊川和彦
出演/阿部 寛、天海祐希ほか
2017年1月28日(土)より全国ロードショー
http://www.koisaika.jp/