Doctors Me(ドクターズミー)- 下痢には下痢止め薬?正しい服用判断基準を教えて、薬剤師さん!

写真拡大 (全8枚)

下痢に襲われた際、下痢止め薬を服用して良い場合と、逆に服用してはいけない場合があることをご存知でしたでしょうか?

1秒でも早く止めたい下痢の症状ですが、下痢止め薬の服用には自己判断が危険な場合もあるので要注意です。

今回は下痢のメカニズム、下痢の種類、下痢止め薬の服用判断基準などを薬剤師の吉澤先生に解説していただきました。

下痢が起こるメカニズム


便は腸が収縮と弛緩を繰り返す「腸の蠕動運動」によって押し出されていきます。

その後、便が腸を通過する際、腸管からの水分を吸収し柔らかくなり、それによってよりスムーズな排便がされます。

下痢は便の水分量の変化が原因


しかし、なんらかの原因で「腸の蠕動運動」が異常に活発になったり、腸の水分量の調節機能に障害が起きた場合は、便中の水分量が増加して下痢や軟便になります。

便の水分量比較


・健康な便(バナナ状):70〜80%
・軟便:80%以上
・下痢:90%以上

腸は、私たちが摂取する水分の90%程度を吸収しますが、70%は小腸で残りの20%は大腸で吸収されます。
この腸の水分吸収量のわずかな変化でも排便に影響します。

下痢の種類


浸透圧性下痢


マグネシウム塩、甘味料(ソルビトール、マン二トール、キシリトール)などの非吸収性の水溶性物質を大量に摂取したときに起こる下痢をいいます。

緩下剤のマグネシウム剤やラクツロースはこの性質を利用したものです。

原因となっている非吸収性の水溶性物質(マグネシウムなどをふくむ飲料水やサプリ)の摂取を中止すれば回復しますが、ビオフェルミンなどの整腸剤を服用しても良いでしょう。

分泌性下痢


腸は、水分を吸収すると同時に水分を分泌しているのですが、細菌などの毒素が身体に入ると、腸からの水分や塩分の分泌が増え、便の水分量が90〜100%となる下痢を指します。

治療薬にはフェロベリン(腸内の有害な細菌を殺菌) 、アドソルビン(腸内の水分を取り除く)が用いられます。

滲出性下痢 (しんしゅつせいげり)


腸に炎症が起きることが原因で腸の水分吸収に障害が起き、腸の中の水分が多くなる原因の下痢になります。

腸の炎症は、潰瘍性大腸炎、クローン病、結核、リンパ腫や腺癌などといった様々な疾患が原因となるので、それぞれの疾患に適した治療薬を服用します。

腸管運動異常の下痢


■ 腸管運動亢進
腸の内容物が急速に通過すると水分の吸収が充分に行われなくなり軟便や下痢便となります。

過敏性腸症候群、甲状腺機能亢進症などが原因になり、疾患ごとに治療を行います。

■ 腸管運動低下
腸内の内容物が非常にゆっくりと通過するため、小腸内に細菌が増殖していまいその結果、脂肪や水の吸収障害を引き起こし下痢となります。

糖尿病、強皮症などの疾患が原因となり、それぞれの疾患に適した治療が必要です。

下痢止め薬の服用判断基準


一概に下痢だからとすぐに下痢止め薬を服用することが良いとは限りません。

1. 緊張性ストレスの下痢


ストレスに見舞われる環境下に置かれる前に服用してください。

2. 消化不良や疲労が原因の下痢


1〜2日で終息する場合もあるため、薬は服用せずに経過を見て良いでしょう。

3. 細菌性やウイルス性の下痢


下痢を止めることで腸内で細菌やウイルスが毒素を排泄し、危険な状態を招くこともあるので服用はオススメしません。

症状が悪化していくような場合は、医療機関を受診すべきと言えます。

4. その他


上記、1、2、3に該当しない下痢のケースは、医療機関を受診し医師の指示に従い薬を服用することが望ましいでしょう。

むやみに下痢止め薬を服用した場合のリスク


O157が一例として挙げられます。

「病原性大腸菌」と呼ばれる危険な大腸菌が存在し、その中でもO157大腸菌は、腸内でベロ毒素というものを出して溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症(けいれんや意識障害)を引き起こし最悪は死に至ります。

下痢止めを使用するとO157が腸内でより多くのベロ毒素を出すこととなり症状が重篤化します。

市販の下痢止め薬が効かない場合


市販の下痢止めが効かない場合や下痢止めを中止するとすぐに再発する場合は、単にお腹の調子が悪いというものではなく下痢を引き起こす基礎疾患があると考えられます。

下痢の種類でもいくつか挙げていますが、甲状腺機能亢進や糖尿病などいろいろな疾患が原因の場合もあります。

効果的な下痢予防対策


腸内環境を整えることが有効な予防法です。暴飲暴食を避け、バランスの良い食生活を心がけ、腸に良い繊維質や乳酸菌などを積極的に摂りましょう。

また、十分な睡眠と適度な運動も大切です。

最後に吉澤先生から一言


正しい生活習慣を継続することで下痢予防だけでなく成人予防や美容にも有効ですので、無理をしない範囲で改善していきましょう。

(監修:薬剤師 吉澤恵理)